このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第78回

6型のファブレット対決 Fonepad、G Flex、Z Ultra、最速は?

2014年03月31日 17時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回から6型クラスのファブレット3機種を比較しているが(関連記事)、今回はスピードチェックとして、スクロール時間、文字の入力、通信速度などを見ていく。本体サイズが大きく、曲面ディスプレイやSIMフリー端末まである今回はどの機種が勝つのか……と思ったが、意外と順当な? 結果となった。

ASUS「Fonepad Note 6」au「G Flex LGL23」au「Xperia Z Ultra SOL24」

3万円台後半と安価なFonepad Note 6はLTE非対応
G FlexとXperia Z Ultraのチャンス?

 現在比較しているのはASUSのSIMフリー端末「Fonepad Note 6 ME560CG」、au「G Flex LGL23」「Xperia Z Ultra SOL24」の3機種だ。主なスペックについては以下の通り。

  ASUS
「Fonepad
Note 6
ME560CG」
au
「G Flex
LGL23」
au
「Xperia Z
Ultra
SOL24」
メーカー ASUS LG ソニーモバイル
本体サイズ 約88.8×164.8×10.3mm 約82×161×8.8mm 約92×179×6.5mm
重量 約210g 約178g 約214g
画面サイズ 6型 6型 6.4型
画面解像度 1080×1920ドット 720×1280ドット 1080×1920ドット
OS Android 4.2.2 Android 4.2.2 Android 4.2.2
CPU デュアルコア 2GHz クアッドコア 2.3GHz クアッドコア 2.2GHz
ROM/RAM 16GB/2GB 32GB/2GB 32GB/2GB
メモリーカード microSDXC(64GB) 外付けリーダー microSDXC(64GB)
通話機能
下り最大通信速度 21.6Mbps
(W-CDMA)
150Mbps
(4G LTE)
150Mbps
(4G LTE)
LTE対応周波数 非対応
(W-CDMA、GSMのみ)
2GHz/1.5GHz
/800MHz
2GHz/1.5GHz
/800MHz
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大8代) ○(最大8台) ○(最大10台)
カメラ画素数 800万画素CMOS
(裏面照射型)
1320万画素CMOS
(裏面照射型)
810万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 120万画素CMOS 240万画素CMOS
(裏面照射型)
220万画素CMOS
(裏面照射型)
防水/防塵 ×/× ×/× ○/○
ワンセグ連続視聴 × 5時間30分 5時間30分
フルセグ連続視聴 × 3時間30分 4時間
FeliCa ×
赤外線通信 ×
(リモコンのみ)
NFC ×
Bluetooth 3.0 4.0 4.0
MHL(HDMI) × ○(SlimPort) ×
Miracast
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 3200mAh 3500mAh 3000mAh
Qi × × ×
カラバリ ブラック、ホワイト ブラック ブラック、ホワイト、パープル

 前回はスペックの充実具合でXperia Z Ultra、そして格安SIMが使えて料金も安価になるFonepad Note 6を同率1位として勝ちとした。もっともG Flexもスペックは高く、Xperia Z Ultraと大きな差があるわけではない。

 今回はスピードチェックなので、クアッドコアCPUとLTEに対応したauの2機種が有利に思える。Fonepad Note 6は操作関連のチェックでリードしたいところだが、果たして?

片手操作でもスクロールは軽快!
中でもG Flexが快勝!

 まずはGmailを500通受信しておき、片手操作でスクロールのタイムを競う。3回ストップウォッチで計測し、最速タイムと平均タイムを掲載した。なおFonepad Note 6には「片手モード」があり、アプリの画面サイズを小さくすることができる。このモードも試してみた。

  Fonepad G Flex Xperia Z Ultra
最速タイム
(通常/片手モード)
5秒93/4秒66 5秒55 8秒74
平均タイム 6秒61/6秒19 5秒78 10秒56

 結果は、通常時はG Flexが最速タイムを出した。平均値も一番速い。とにかくスクロールが速すぎてメールの日付を追うのにひと苦労。曲面ディスプレーに合わせて本体も曲がっているが、それがうまく手のひらに引っかかり、ホールドしやすい。スクロールをしていても端末を落とすことはないだろう。

 次に速かったのがFonepad Note 6。片手モードなら4秒台を出し最速だった。これもG Flexほどではないが軽快なスクロールで、途中1回だけスクロールが止まるものの、すぐ再開するので気にならない。

 片手モードは4.7/4.5/4.3型の3種類を選べるが、一番小さい4.3型を選択。なかなかおもしろい画面になるが、動作はきちんとしており、スクロールも高速だ。ただ若干窮屈なので、人によっては4.5型や4.7型のサイズのほうが使いやすいだろう。

Fonepadは6型の大画面の中に、通常のスマホサイズで画面を表示させることが可能

 他にもタッチペンでもスクロールをしてみた(両手操作になってしまうが)。これは最速で5秒93と、通常時と同じく高速のスクロールが可能だ。

 Xperia Z Ultraは時間がかかったものの、スクロール自体はとてもスピーディーで、他の2機種に負けていない。まったく止まらないのでFonepadより快適とも言える。ただ省略表示が少ないのか、500通目に達するのには時間がかかるようだ。また本体サイズが一番大きいこともあって、手のひらでホールドがしにくい。スクロールだけなら特に問題はないのだが……。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART