このページの本文へ

【au春スマホ】湾曲スマホに6.4型Xperia 注目ファブレット登場! ― 第10回

タブレットかスマホか? ビッグな「Xperia Z Ultra」をレポ

2014年01月27日 19時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Xperia Zが一回り巨大化して登場!
写真で見るソニーモバイル「Xperia Z Ultra SOL24」

 先日開催されたau春モデル発表会にて、大きな話題と注目を集めたのが、この「Xperia Z Ultra SOL24」だ。6.4型というスマホとは言えないほど大きなサイズはファブレットと呼ばれ、「通話もできるタブレット」というジャンルになる。

 Xperia Z Ultraの特徴はなんといっても春モデル一番の巨大な液晶ディスプレー。そして、この大きさに対して6.5mmと驚異的な薄さを誇る。横幅は92mmと女性の手でもギリギリ片手で持てるサイズだ。

 スペックはXperia Zシリーズを継承しており、2.2GHz動作のクアッドコアCPU、メモリー2GB、内蔵ストレージ32GB、OSはAndroid 4.2と現在のメインストリームをしっかり押さえている。大画面のフルHDを支えるべく、バッテリー容量も3000mAhとかなり大きめだ。

春モデル発表会では、CMキャラクターを務める哀川 翔さんもお気に入りの機種として「Xperia Z Ultra」を挙げていた

 グローバルモデルが先行して発売されていたが、今回auの取り扱いに際し、日本仕様は防水・防塵含め全部入りで、フルセグ視聴にも対応する(録画は不可)。キャップレス防水ではないが、カバーを付けた状態でも充電可能な卓上ホルダーが同梱されている。

プレス関係者が殺到していたXperia Z Ultraブース

 Xperia Zシリーズのラスボスと言っていい大きさ、スペックを兼ね備えたファブレット。大きいが正義! という人にオススメだ。

 それでは、その大きさを写真とともに紐解いていこう。

この写真だけ見ると、Xperia Zに見えるが……
握ってみるとこんなに大きい! それでも片手で握れる絶妙なサイズ感
Xperiaシリーズのアイデンティーである、この電源ボタンも採用クレードル用の充電端子があるので、microUSBのキャップを外す必要が無い
上下はボタンが一切なく、シンプルなデザイン
全面ディスプレーなので、ハードキーは一切ナシ!
カメラは800万画素とほかのXperia Zシリーズより抑えめだが、かなりキレイに撮れるストラップホールがあるので、好みのストラップをぶら下げて楽しめる
カラバリは左からブラック、ホワイト、パープル専用のアタッチメントを使えば、Xperia Z Ultraにも「DSC-QX100」シリーズが装着できる
ズボンのポケットに入らないと思いきや、意外とスッポリ入ってしまった。これなら持ち運びも安心
いろんなものと比べてみた。横幅はパスポートと同サイズ、7型タブレットよりは持ち運び安く、iPhone 5sよりひたすらデカい!

「Xperia Z Ultra SOL24」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 6.4型
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約92×197×6.5mm(最厚部6.8mm)
重量 約214g
CPU Snapdragon 800 2.2GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
4G LTE ○(下り最大150Mbps)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング LTE/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約810万画素CMOS/イン:約220万画素
バッテリー容量 3000mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ ○(+フルセグ)
赤外線
防水/防塵 ○/○
SIM形状 microSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約740時間/約710時間
連続通話時間(3G) 約1420分
カラバリ ブラック、ホワイト、パープル

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART