このページの本文へ

【au春スマホ】湾曲スマホに6.4型Xperia 注目ファブレット登場! ― 第2回

そり曲がった6型スマホLG「G Flex」がauから登場

2014年01月22日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IMAXシアターのスクリーンのような
LG「G Flex LGL23」

 昨年末に海外で発表され、大きな話題を呼んだ曲面スマホ「G Flex」(LG Electronics)が、au春モデルとして登場した。発売は1月25日だ。

 G Flexは湾曲した6型(720×1280ドット)で、プラスチック基板を用いた有機ELディスプレーを搭載し、ボディー全体が700R(半径700mm)の曲面になっているのが最大の特徴。横画面で動画を見るときに、IMAXシアターのような臨場感が得られるという。また通話時に口と耳に近い位置に、マイクとスピーカーがくるようなデザインになっている。

 こんな風に湾曲していると、簡単に端末が折れてしまうのでは? と感じる人もいるかもしれないが、実際にはある程度の柔軟性を持っており、一時的であれば力をかけて、平らな形状になっても大丈夫である。LGによると公称で40kgまでの圧力に耐えるという。

 また、本体背面はスクラッチリカバリーカバー(自己修復プラスチック)を使用し、小さいこすり傷程度なら、自然に元の表面に戻る。さらに6型の画面を縦に2分割し、メッセージアプリと受信画像を別ウィンドウで表示するマルチウィンドウ、ピントが顔に合うとランプが光る顔検出、何度も電話がかかってきた場合にLEDが赤く変わる「アージェントコールアラート機能」を備える。

 日本仕様は防水・防塵なしだが、おサイフケータイ対応に加え、フルセグ視聴にも対応する(フルセグ録画は不可)。LGケミカル製の最初から曲がっているバッテリーや、4K動画撮影とハイレゾ音源再生に対応など、まさにこれまでのスマホの常識を曲げた端末である。

少し横から見ると、端末の曲がり方がよくわかる。実際に手に取ると、さらに驚くかも
平らな台の上に乗せたところ
筐体に柔軟性が有り、上から力を入れると、ほぼ平らな状態までなる
細かな傷であれば自動的に修復する塗料を用いている。背面にはLG G2と共通のボタンが。ちなみに専用のフリップカバーも用意される
カラバリはこのブラック一色のみ

「G Flex LGL23」の主なスペック
メーカー LG Electronics
ディスプレー 6型有機EL
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約82×161×8.8mm(最厚部9.7mm)
重量 約178g
CPU Snapdragon 800 2.3GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー 内蔵不可(外付リーダー同梱)
OS Android 4.2
4G LTE ○(下り最大150Mbps)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大8台)
国際ローミング LTE/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1320万画素CMOS/イン:約240万画素
バッテリー容量 3500mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ ○(+フルセグ)
赤外線 ×(リモコンのみ)
防水/防塵 ×/×
SIM形状 microSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約690時間/約670時間
連続通話時間(3G) 約1260分
カラバリ ブラック
発売時期 1月25日

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART