このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第33回

iPhoneでワインの情報がわかる「WineIt!」を徹底解説

2014年01月22日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワインを覚えるなら、まずは飲んだワインを記録するのが早道。とはいえ、後で調べてメモするのは手間がかかって三日坊主になりがちだ。「WineIt!」は、ワインのラベルを撮影するだけで、銘柄からテイスティング情報まで表示され、メモも残せる。今回はワイン管理の神アプリ「WineIt!」の使い方を徹底紹介する。

ワインを撮影するだけで、詳細なデータを登録できる

飲んだワインを記録するだけで実力アップ

 そろそろ大人になったし、ワインでも覚えようかな、と思っている人は多いことだろう。とはいえ、最初からまじめに勉強しようと思うと、頂上が高すぎてやる気をなくなってしまう。そこでオススメなのが、記録を付けること。飲んだワインの銘柄と味などをメモしておくとしっかりと記憶できる。また、一覧にすることで、産地やブドウ、価格帯で、自分の好みや感じ方がはっきりわかるようになる。

 Facebookやツイッターに写真とコメントを投稿してもよいのだが、これだと一覧でチェックしたり、キーワード検索することができない。そこでオススメなのが、ワイン情報管理アプリの「WineIt!」だ。

 ワインの詳細情報やテイスティングコメントを参照できるうえ、自分のコメントやその場の写真も登録できる。後で管理するのもカンタンだ。プロのテイスティングコメントを読みながら飲むと、よりワインを理解できるようになるというメリットも見逃せない。例えば、「ナッティ」と書いてあるワインを飲んでナッツの雰囲気を感じたら成功。次回から、ナッティという感想を述べられるようになる。ブドウの品種も書いてあるので、しばらくすれば有名どころの品種はわかるようになるだろう。

Wine it!- ワインラベルからワインを検索。感動や想い出を記録出来るワインアプリ App
価格無料 作者D2C Inc.
バージョン1.1.4 ファイル容量25.3 MB
カテゴリーフード/ドリンク 評価(2.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.1以降
簡単なチュートリアルの後にメイン画面が開く。まずは会員登録するので、「i」をタップする「ユーザー登録」をタップ。ユーザー登録すると、11件以上のノート登録や類似おすすめワインの閲覧などが可能になる
「利用規約に同意してユーザー登録する」をタップ。確認画面が開くので、「登録」を再度タップすれば完了だ

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART