このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第30回

名刺をその場でデータベース化できるiPhoneアプリを徹底解説

2013年11月28日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビジネスで交換する名刺は、あっという間に溜まってしまい、まともに管理している人は少ないだろう。しかし、せっかく人脈を構築するチャンスなのだから活用したいところ。そこで今回は、名刺を写真に撮ってデータベース化できる「WorldCard Mobile」の使い方を紹介する。

名刺を撮影したら、文字列を認識して自動登録してくれる

名刺を交換したら直後に登録する

 溜まった名刺をまとめてスキャンし、管理しようと思ってもなかなか実行に移せない。どうせなら、名刺を交換したら直後にデジタル化してしまえばいい。「WorldCard Mobile」なら、名刺をiPhoneのカメラで撮影し、認識した文字列の間違いをチェックするだけで済む。さらに、分類管理も可能で、データベースからメールしたり電話したりできる。

WorldCard Mobile - 名刺認識管理 App
価格1000円 作者Penpower Technology Ltd.
バージョン6.1.0 ファイル容量32.8 MB
カテゴリービジネス 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降

 名刺を登録するには、まずカメラ機能を起動。枠内に収まるように名刺を撮影する。きちんと撮影できれば文字の認識精度は高い。とはいえ、名刺によってデザインはばらばらなので、間違った項目に登録されてしまうこともある。フォントが特殊だったり、文字が小さいと誤認識も起きる。そんな時は、画像を見ながら修正すればいい。名刺1枚なら、通常1分程度、表裏を取り込んだうえ修正箇所が多いなら2~3分というところ。会議の後の休憩や電車での移動時間に済んでしまうだろう。

アプリの起動画面。とりあえず、名刺を撮影するなら「Camera」をタップする。登録済みのデータを閲覧するなら「Card Holder」をタップ初回起動時には、認識精度を上げるためのTIPSが表示される。確認したら「次から表示しない」を選ぼう
名刺を撮影する撮影後、自動的に台形補正や明度の調整を行なう。OKであれば「終了」をタップ
上部アイコン左から
撮影画面に戻る
裏面を続けて撮影する
次の名刺を続けて撮影する
画像認識を開始する
下部アイコン左から
認識させる言語を選ぶ
左に90度回転させる
右に90度回転させる
項目の編集画面が開く。基本的にきちんと取り込めている。漢字のふりがなが違うのは仕方がない。画像部分はドラッグして動かせるなぜか電話番号は登録されているのに、メールアドレスが認識されなかったので、画像を見ながら追加する
名刺を登録できた

 これで名刺の登録は完了。あっという間だ。横長の名刺や裏面にも情報が記載されている場合は、もう少し手間がかかる。

名刺の向きが90度傾いているので、回転ボタンをタップ向きを調整したら、上部の裏面撮影ボタンをタップ
裏面も撮影し、同様に回転させるこの名刺は英語の住所表記もあったが、市区町村の所に「Tokyo」と入力されてしまった

 実際のところ、完璧に認識され修正一切なし、ということの方が少ない。多かれ少なかれ修正は発生するが、それほど手間はかからない。また、すべての項目を完全に入力する必要もない。例えば、企業のURLは検索すれば見つかるので、手動で入力しなくてもいいだろう。会社名と名前だけは確実にチェック。電話するケースが多いなら電話番号、メールするケースが多いならメールアドレスを優先的に確認すればいい。裏面に個人情報が載っていないなら、単に画像として保存するくらいの運用法が負担にならずに済む。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART