このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

富士見iPhoneクラブ ― 第120回

好きだから言わざるをえないっ! iBookstoreってどうよ

2013年03月23日 12時00分更新

文● iPhoneクラブ製作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アップルやiPhoneが大好きな覆面軍団ですが、ダメ出しするときはきっちりいいますよ(顔がわからないからね!)
iBook Store

 電子書籍の話題で盛り上がる今日この頃だが、思わぬ大物が突然動いた。今月5日、アップルが電子書籍サービス「iBookstore」で日本語コンテンツの取り扱いを始めたのだ(関連記事)。購入したコンテンツは、iPhone/iPad/iPod touchの電子書籍リーダーアプリの「iBooks」で読むことができる。

 ……なのだが、あまりにも急にスタートしたこともあってか、Kindleが日本に上陸したときよりは、話題になりにくかったのも正直なところ。電子書籍ストア自体が多数ある中、「iBookstoreって実際どうなのよ?」と思っている人も少なくないはず。そこで、アップル大好きなカリーさん、電子書籍にはうるさいニッシーさん、どちらもビギナーだが読書家のじまPさんの三人でガッツリ語ってみたよ!


今回の登場キャラ

カリーさん アップル製品やネットサービスが専門というフリーライター。iPhoneクラブのリーダーにも関わらず、最近は虐げられてばかり。電子書籍端末は、ソニーの「Reader」とアマゾンの「Kindle Paperwhite」を持ってるが、そんなに使っていないという。長年のアップル愛ゆえに、iBooksもどんどん活用したいと鼻息荒いが……。


ニッシーさん 某デジタルコンテンツ担当の部署に所属。あたらしもの好きで、特にアプリはいろいろ試して教えてくれる。本人は「ゆるふわキャラ(キリリッ」と言い張るが、最近はやたらリア充アピールが増えている。Kindleやジョジョスマホ(関連記事)で電子書籍を読む機会が多いようだ。


じまPさん 某大学の大学院生。メンバーの中では最年少ながら、日夜iPhoneを始めとするガジェットの勉強に励んでいる。休日は古本屋に足繁く通う読書家ではあるが、「線を引いたり付箋を貼ったりすることが多いので」という理由で、電子書籍に触れる機会はあまりないとのこと。


えっ、いきなりダメ出しですか?

カリー というわけで、「iBookstore」に日本語書籍が登場したわけですが。

ニッシー 世の中的にはあんまり盛り上がってないですね。

カリー そんなことないですよ! ……と言いたいところだけど、地味というか、Kindleのときほどには話題になってないですね。あのときは「やべー! 黒船キター!」みたいなインパクトがあったけど。

アマゾンはさらに3月12日、8.9インチの「Kindle Fire HD 8.9」を発売している

ニッシー アップルの動向を追っていない人にとっては、「え、むしろ今までやってなかったんだ!?」と思うんじゃないかなあ。遅いというイメージは否めない。そもそもiBooksは、iPad発売当初の目玉でもあったわけじゃない。それが「日本語の電子書籍はいつ売るんだろうね」って言ってる間に、昨年7月楽天の「kobo」は始まるし、グーグルは9月に「Google Play ブックス」を投入してくるし、ダメ押しで10月に「Kindleストア」も上陸するし。

じまP 電子書籍ブームは、実際のコンテンツがどれくらい揃っているのかはさておき、話題的には来てますよね。koboは大丈夫なのかとか、Kindleで電子書籍の売上が伸びたとか。それに比べると、iBookstoreは実にひっそりと始まった感があります。

カリー 真打ち登場という感じでもなくて、「ウチも始めたんですよ」ぐらいのレベルかもしれないけど。まあ、グーグルもそんな感じだったし。

ニッシー その「そっと」感が、らしくないのかも。もっと発表会を開いて「ババーン!」みたいのが欲しかったなあ。これぞアップルのニュー・エクスペリエンスだよというアピールが。「日本の皆さんに、今まで経験したことのないような読書体験を提供します!」みたいなプレゼンがあってもよかったんじゃないの?

カリー それこそ、ティム・クックが「日本のコミックが読めます!」みたいな感じで「ジョジョ立ち」して出てくるとか。昔、ジョブズも「シェー」したことがあるわけだしね(関連記事)。多分、日本のTwitterのトレンドが「ジョジョ立ち」「ティム」「どういうことなの……」とかで埋まるぐらいに話題になるよ。

「CEOにジョジョ立ちしてほしかった」(写真はイメージです)

じまP やるわけないじゃないですか! でも、「いよいよ始まるんだ!」というワクワク感はなかったかも。

カリー まずさ、大々的にやった発表会をファンが見て、「それでこそ俺たちのアップル! シビれるアコガれる!」って諸手を上げながら盛り上がる。で、一般の方々がその熱気とネットのニュース記事を見て「なんだかよくわからないけどすごそう」とか「乗るしかない、このビッグウェーブに」って思うわけ。アップルは発表会も含めて上質なエクスペリエンスなのよ(キリリッ。それが生かされてない気が……。遠足だって、おやつを買いに行くところからもう始まってるのに。

「アップルの製品はプレゼンから体験が始まってるんだよ!」(力説)

じまP 旅行のガイドを見ているときのワクワク感も旅行の一部だぞと。

カリー それ。まあ、ともかく出たものは出たので、今日はそれについて語ろうかと。そもそも、みんな電子書籍は買ってるの?

ニッシー 僕、40〜50冊は買ってますよ。

カリー 俺は10冊は買ってない。

じまP 僕は電子書籍を買ったことがないんです。だから、素人もいいところですね。

カリー じゃあ、みんなでファーストインプレッションを言い合っていきますか……。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中