このページの本文へ

22万円で買えるフルサイズ機! ニコン「D600」登場

2012年09月13日 14時56分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ニコン「D600」。フルサイズ機ながらフラッシュを内蔵する
ニコン「D600」。フルサイズ機ながらフラッシュを内蔵する

 ニコンから35mmフルサイズ(ニコンFXフォーマット)のCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフ「D600」が発表された。ボディーのみの予想実売価格は22万円前後で、9月27日発売の予定。

 D600は同社のD800の下のクラスに位置する機種で、FXフォーマットの普及モデルという位置づけ。幅141×奥行き82×高さ113mm、重量760g(本体のみ)と、フルサイズ機ながらコンパクトかつ軽量なボディーが特徴となっている。

 センサーの解像度は2426万画素と、D800の3630万画素よりは低くなっている。その分、連写速度はD800の4コマ/秒より高速な最大5.5コマ/秒で撮影可能だ。

背面液晶は3.2型(92万画素) 背面液晶は3.2型(92万画素)

 画像処理エンジンはD800などと同じ「EXPEED 3」を採用。感度設定は通常でISO 100~6400、拡張設定でISO 50~25600まで可能。1080/30pで最長29分59秒まで撮れる動画撮影機能も搭載する。

ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」 ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」

 AFの測距点は39点で、うち9点がクロスタイプとなる。そのほか、別売のワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」(希望小売価格5250円)を装着することでスマートフォンからのコントロールに対応。AndroidおよびiOS用アプリ「Wireless Mobile Adapter Utility」を導入することで、スマホからライブビュー映像を確認し、撮影まで行なえる。

 レンズキットは、「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」が付属する「D600 24-85 VRレンズキット」(予想実売価格27万5000円前後)と、上記に加えて「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」が付属する「D600 ダブルレンズキット」(同30万円前後)の2種類を本体と同時に発売する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART