このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile ― 第81回

新ポメラ DM100は「モバイル機器の聖杯」になったか?

2011年11月24日 06時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載はモバイルノートをメインとしたものだが、ときおり「持ち運ぶと便利なIT機器」にも浮気する。そして、その代表格がキングジムの「ポメラ」だ。乾電池で何十時間も動いて快適にタイプできる製品は、モバイル機器にとってある種の「聖杯」に近い。ポメラは初代機「DM10」の頃からそうした理想に近い機器であり、だからこそ注目されてきた。

 今回採り上げるのは、久しぶりに登場した後継機「ポメラ DM100」だ。スタイルも機能も変わり、まったく違う製品に生まれ変わったDM100は、聖杯にどのくらい近づいたのだろうか?

ポメラ DM100

折りたたみスタイルを廃し
薄型ボディーに

前モデル「DM20」の折りたたみキーボード

 DM100最大の特徴は、言うまでもなく「カタチ」だ。ポメラといえば、折り畳み型キーボードがアイデンティティであり、折り畳めるがゆえに、コンパクトなボディーと快適にタイプ可能なキーボードを小さなボディーに内蔵していた。

 だがDM100は、折り畳み式キーボードの採用を止めた。その結果、ボディーのフットプリントは従来の倍ほども大きくなってしまった。他方で、減ったのが厚みだ。旧ポメラはしまっておく時、「四角い塊」が鞄に入っているような印象を受けた。だがDM100は閉じた状態での高さが24.6mmと、かなり薄さが強調された形に変わっている。形状的には「VAIO P」のような、フルキー主体のモバイルノートに近い。実際のサイズこそ大きいものの、薄さを重視したこの形は、四角い塊だった旧ポメラに比べると、鞄の中への収まりはいい。

DM100のキートップ。より一般的なモバイルPCに近い印象のものになった。コンパクトではあるが配列は素直で、すぐに慣れるだろう

 板状とは言うものの実際には、横から見ると「くさび状」と言った方がいいだろう。奥側にヒンジがあり、そこに電池が入る関係上、そこだけに出っ張りがあるような感じだ。DM100をつかんで鞄から取り出す時には、この部分を持つことになるだろう。なかなかいい感じだ。

本体左側面。バッテリーが入るヒンジ部が持ち上がった、くさびのような形になっていて、キー面に適切な傾斜がつく。ヒンジ部にはmini USBコネクタ、その隣にはフルサイズのSDカードスロットがある。なお右側面には端子類はない

 バッテリーは単3電池2本に変更になっているが、これはプラスと評価しよう。入手が楽であり、容量が増えた分、動作時間も約30時間に延びている。電池ボックスの出っ張りのおかげで、机においた時にはキーボード部に微妙な傾斜が生まれる。当然、タイプしやすさの点ではプラスに働く。

バッテリーは単3電池に。ボディーが大きくなった分、容量が大きな電池が使えるようになったと思えば「いいトレードオフ」、というところではないだろうか

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART