このページの本文へ

日本語サイトの事例を一挙紹介(後編)

スマホサイトを作る前に見たい国内38社の実例

2011年02月28日 12時25分更新

小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

この記事で取り上げているスマートフォンサイトの「BEFORE & AFTER」を以下の記事で紹介しています。合わせてご覧ください。

日本のスマホサイトは2年間でこんなに変わった

 iPhone、Androidの普及を背景に、スマートフォンのブラウザー向けにコンテンツや表示を最適化した「スマートフォンサイト」(スマホサイト)を開設する企業が増えている。当初はiPhone(iOS)の標準UIに倣った画一的なデザインが多かったが、最近では独特のレイアウトや斬新な色使いの個性的なスマートフォンサイトも増えてきた。

 好評だった前編に引き続き、Web制作者が見ておきたいスマートフォンサイト(日本語/企業サイト限定)を業種別に分類して紹介する。スマートフォンサイトの制作に入る前にチェックしておこう。


金融(銀行)


みずほ銀行

 大手都市銀行の「みずほ銀行」は、2011年2月現在、トップページとサブカテゴリートップをスマートフォン向けに最適化している。コーポレートカラーを基調としたトップページはすっきりとしたデザイン。


三井住友銀行

 みずほ銀行同様、すっきりとしたデザインの「三井住友銀行」のスマートフォンサイト。こちらもトップページ以外はほとんどPCサイトへのリンクだが、GPS機能を使った店舗・ATM検索はPCサイトにはない便利な機能だ。


ジャパンネット銀行

 ネット専業銀行の「ジャパンネット銀行」も、トップページをスマートフォン向けに最適化。1ページだけの対応だが、ページ内リンクをたどれるナビゲーションボタンやタブパネルといったUIで使いやすく工夫している。


スルガ銀行

 スルガ銀行は、トップページとオンラインバンキングをスマートフォン向けに最適化。トップページに配置する要素を最小限に絞り、代わりにページ最上部に検索ボックスを配置しているのがめずらしい。

金融(保険・証券)


アメリカンホーム保険

 アメリカンホーム保険は、2011年2月現在、トップページと一部ページをスマートフォン向けに最適化。大きなアイコンを並べたシンプルなトップページは、ページ読み込み時のアニメーションが楽しい。


損保ジャパンDIY生命

  • URL:http://s.diy.co.jp/
  • 企業名:損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険

 損保ジャパングループの「損保ジャパンDIY生命」は、スマートフォンにフル対応したサイトを用意している。スマートフォンサイトでは定番のリスト型UIを採用、安定感のあるデザインで見やすい。左上のロゴをタップするとグローバルメニューが展開し、サイト内をすぐに移動できるのが便利だ。


野村證券

 国内証券最大手「野村証券」のスマートフォンサイトは、ニュースや株価検索など、スマートフォンで快適に閲覧できるコンテンツが充実している。リアルタイムで更新される市況概況や為替情報などではAjaxを活用し、ページ遷移無しでスムーズにデータを表示する。保有銘柄を登録する機能などもあり、機能にしてもデザインにしてもサイトというよりWebアプリに近い。


大和証券

 大和証券のスマートフォンサイト。こちらも多くのコンテンツをスマートフォン向けに最適化して用意している。iPhoneのホーム画面風のトップページや、Ajaxで表示する株価情報など、野村証券のサイトとの共通点が多い。


■Amazon.co.jpで購入

■楽天ブックスで購入

【送料無料】iPhone+Androidスマ...

【送料無料】iPhone+Androidスマ...
価格:2,499円(税込、送料別)

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング