このページの本文へ

日本語サイトの事例を一挙紹介(前編)

絶対見ておきたい有名企業のスマホサイトまとめ

2011年02月21日 10時00分更新

小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

小売・飲食


ローソン

 ローソンは、2011年2月現在、大手コンビニエンスストアで唯一、スマートフォン向けのトップページを用意している(個別ページはPCサイトへリンク)。


東急ハンズ

 東急ハンズは、店舗情報や商品紹介動画「ハンズTV!」など一部コンテンツをスマートフォン向けに最適化している。基本的なデザインはiPhoneの標準UIに倣ったものだが、ヘッダー/フッターをコーポレートカラーのグリーンにすることで「ハンズらしさ」を保っている。


ケンタッキーフライドチキン

 ファーストフードチェーン「ケンタッキー」のスマートフォンサイト。2011年2月現在、トップページと商品メニューがスマートフォン専用、そのほかのページはケータイサイトを流用している。


ストロベリーコーンズ

 宅配ピザチェーン「ストロベリーコーンズ」のスマートフォンサイト。基本的なナビゲーションはタブパネルやリスト型UIなど定番のUIをアレンジして使っており、見た目に分かりやすい。クーポンやゲームなどの一部コンテンツは専用アプリへ誘導している。


企業によって違うスマートフォン対応の方針

 「スマートフォンサイト」と一口に言っても、業種や企業によって方針はさまざまだ。たとえば、不動産業者のスマートフォンサイトのように、ほとんどのコンテンツをスマートフォン向けに最適化した専用サイトを構築する場合もあれば、トップページやスマートフォンからの利用が多いコンテンツだけをスマートフォン向けに提供したり、既存のケータイサイトを手直しして流用したりする場合もある。

 スマートフォン対応のさまざまな事例については、書籍iPhone+Android スマートフォンサイト制作入門(たにぐちまこと著、Web Professional Books)に詳しく解説されている。著者が手がけた企業サイトの事例紹介では、コンテンツの選定やサイト設計のプロセスも紹介しているので、スマートフォン対応の方針を考えるうえで参考になるだろう。

■Amazon.co.jpで購入
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く