このページの本文へ

日本語サイトの事例を一挙紹介(前編)

絶対見ておきたい有名企業のスマホサイトまとめ

2011年02月21日 10時00分更新

小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

メーカー(食品・飲料)


サッポロビール

 サッポロビールは、PCサイトにあるコンテンツのうち「CM情報」「おつまみレシピ」「キャンペーン」の3つに絞ったスマートフォンサイトを用意。PCサイトの雰囲気を踏襲しつつも、画面幅に合わせて見やすくレイアウトされている。ページ右上にはPCサイトへすぐに移動できる「PC版」のボタンもある。


サントリー

 サントリートは、更新頻度の高いキャンペーン情報のみスマートフォン向けに最適化。そのほかのコンテンツはPCサイトへリンクしている。


ハウス食品

 ハウス食品は、PCサイトのサブカテゴリトップまでと、商品情報やレシピなどのニーズの高いコンテンツをスマートフォン向けに最適化している。折りたたみパネルやスライドパネルを駆使し、ポータルサイトのようなデザインで使い勝手のいいUIを実現している。


Coca-Cola

 コカ・コーラのキャンペーンサイト。「Coca-Cola zero」のキャンペーン情報、CM情報などが閲覧できる。


交通・旅行

ANA SKY MOBILE

 全日空は、スマートフォン/ケータイの両方に対応したモバイルサイトを開設している。スマートフォン向けのトップページはiPhoneのホーム画面ライクなアイコン型のデザインを採用。予約画面や運行状況などのページは既存のケータイサイトを流用して対応している。


H.I.S.

 大手旅行代理店「H.I.S.」のスマートフォン対応サイト。ボタンを多用したトップページはタップできるコンテンツが一目で把握できるので分かりやすい。2011年2月現在、予約ページや特集ページなどはケータイサイトを流用しており、デザインは統一されていない。


楽天トラベル

 オンライン旅行予約サイト「楽天トラベル」のサイト。利用頻度の高い宿泊予約フォームをトップページ最上部に配置していて使いやすい。検索、予約などのページもデザインが統一されており、全体的に迷わず操作できるよう工夫されている。


■Amazon.co.jpで購入
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く