このページの本文へ

週刊 PC&周辺機器レビュー ― 第66回

理科好き大人必見! 夏こそ楽しいデジタル顕微鏡

2010年08月06日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

あらゆるものを拡大して観察
楽しくて仕方がない!

綿の茎の断面 綿の茎の断面(染色済)。1280×960ドットで撮影(掲載用に800×600ドットに縮小した以外は無加工)

 EV5610とGE-5の撮影サンプルとして、いろいろなものを観察してみた。まずは、EV5610付属のプレパラート(染色済みの植物切片標本)を、透過照明で見てみよう。

綿の茎の断面を動画モードで撮影。約20秒ごとに40/100/400倍を切り替えている。ステージ微動装置(左右)や、ステージ上下(ピント)ダイアルの動きもチェック

 下のガラス細工のような美しい透明な被写体は、カボチャの花の花粉だ。スライドグラスの上に振り落として、透過照明と落射照明で観察した。

透過照明で撮影 落射照明で撮影
カボチャの花粉を下からの透過照明で撮影。輪郭や内部の様子が観察できるこちらは上からの落射照明で撮影。色や表面の立体構造が観察できる

 たった1灯の白色LEDライトによる落射照明だが、40倍での使い勝手はよく、植物や昆虫の拡大観察に役立つだろう。使っていると知的好奇心が刺激され、次に何を見ようかとワクワクする気持ちを抑えるのがたいへんだ。

 続いてはGE-5のサンプルである。やはり照明機能が充実しているため、明るくきれいに撮影できる。色の再現性もよく、いろいろなものを拡大撮影して楽しめそうだ。

グミの葉の表面 サルスベリのおしべと花粉
グミの葉の表面を拡大。何気ない植物も拡大すると新たな姿となって目に飛び込んでくるサルスベリのおしべと花粉。180倍にすると、極小の花粉なども鮮明にとらえられる
ラブラドライト 鉱物の「ラブラドライト」。落射照明と透過照明を併用すると、鉱物の内部の様子も見えてくる

 GE-5専用ソフトの画像解析機能を用いて、微細なものの測定にも使える。また、同一のものを観察するのに、60倍と180倍を使い分けられるのもいい。

星砂 60倍 星砂 180倍
有孔虫の殻である「星砂」。60倍(左)と180倍(右)の見え方の違いを確認

 一方で、GE-5は静止画も動画も1280×1024ドットのみ。また、動画といっても秒2~3コマのため、生物のリアルな動きを記録できるわけではない。Motion JPEGで記録されているので、連続したコマの中からベストの1枚を選ぶのに使うとよいだろう。

電子基板 カメラ本体部分だけを取り外すと、電子基板などステージに置けないものも観察できる

顕微鏡写真を美しく見せる「多焦点合成」

 被写界深度が極めて浅い顕微鏡写真では、ピント位置をずらしながら複数の写真を撮影し、個々の写真からピントの合っている部分だけを抽出合成する技術「多焦点合成」がよく用いられる。特に立体的な標本では有効な技術だ。

 EV5610もGE-5も設定間隔ごとの自動撮影機能を持っている。観察中にゆっくりとピント調整ダイアルを回せば、ピント位置の異なる連続した写真が撮れるので、多焦点合成処理を行なうのに便利だ。合成はフリーソフトで処理できるので興味のある人はチャレンジしてほしい。下のサンプルではフリーの画像解析ソフト「Image J」と、同じくフリーのプラグイン「StackReg」「Stack Focuser」「Extended Depth of Fieldプラグイン」を使用した。

単カット 多焦点合成後
EV5610で撮影し、多焦点合成したアリの顔。左が単カットで、右が10カットから多焦点合成後

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン