このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー ― 第130回

無線とタッチで使い勝手が進化したペンタブレット Intuos5

2012年03月23日 12時00分更新

文● 永野つかさ(文とイラスト)、小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワコムがプロフェッショナル向けペンタブレット「Intuos」シリーズの最新版、「Intuos5」を発売した。従来機種である「Intuos4」が発売されたのは、3年前の2009年4月。Intuos3から4への更新に5年の間があったのに比べると、Intuos5への更新はずいぶんと早く思える。

「Intuos5 touch medium」

 新しいIntuos5は、Intuos4で定評のあるセンサー部分を改良しながら継承しつつ、使い勝手の向上に重点を置いた製品となっている。製品の特徴を見ていこう。Intuos5には3種類のサイズと後述する「タッチ機能」の有無で製品ラインナップが複数あるが、今回は中サイズの「Intuos5 touch medium」を試用している。

 また最後には、ASCII.jpにて「ふぉっくす紺子ちゃん 2.0+」を連載中の永野つかささんによる、試用レポートもお届けする。

5本指でのマルチタッチ機能に標準対応

 Intuos5の特徴はいくつかあるが、そのひとつが「マルチタッチ機能への対応」である。ワコムのペンタブレットでは、コンシューマー向けの「Bamboo」シリーズは一足先にマルチタッチ機能に対応していたが(関連記事)、Intuosシリーズでは初となる。Windowsのタッチ機能にも対応しており、Intuos5を接続したパソコンはタブレットコンピューターとして扱われる。

 指での操作は5本指まで対応しており、3本指以上ではジェスチャーによりWindowsの機能を呼び出したり、タブレットのメニュー表示を行なうといった機能も備える。マルチタッチ機能のオン/オフやジェスチャーへの機能割り当ては、タブレットのプロパティから任意に設定できる。

マルチタッチに関するプロパティ。ユーザーに合わせて細かいところまで設定できる柔軟さは、ワコム製品らしい特徴

 タッチ操作に対応したとはいえ、Intuosユーザーの主な用途がペン操作であることに変わりはないだろう。ペン操作を邪魔するタッチ対応では意味がない。指とペンが同時にセンサー部分にあった場合、Intuos5ではペン操作が優先される。そのためペンが読み取り範囲にある間は、指に反応しなくなる。「ペンで操作中に指や手が触れて誤操作」という心配はない。ペンと指との操作の切り替えを意識する必要はなく、ペンをかざせばペンで、指で触れれば指で操作できる。

 タッチ入力は不要であればオフにできる。またタッチ機能のない製品も用意されているので、「絶対にタッチは不要」というのであれば、3000円ほど安いタッチなし製品を選んでもいいだろう。ただし、タッチ機能はあとから付け足すわけにはいかないので、予算に余裕がないという事情がなければ、タッチありモデルを選んだ方がいいのではないだろうか。

Intuos5の製品ラインナップ

製品名 Intuos5 touch small Intuos5 touch medium Intuos5 touch large
型番 PTH-450/K0 PTH-450/K1 PTH-650/K0 PTH-650/K1 PTH-850/K0
ペン読取範囲 157.5×98.4mm 223.5×139.7mm 325.1×203.2mm
タッチ
ワイヤレス 付属 別売 付属 別売 付属
アプリ なし 付属 なし 付属 なし
直販価格 2万7800円 3万7800円 4万7800円

アプリケーションソフト付属モデルには、「Adobe Photoshop Elements 10」「Corel Painter Essentials 4」「Corel Painter Sketch Pad」が付属する。

製品名 Intuos5 small Intuos5 medium
型番 PTK-450/K0 PTK-650/K0
ペン読取範囲 157.5×98.4mm 223.5×139.7mm
タッチ なし
ワイヤレス 別売
アプリ なし
直販価格 2万4801円 3万4800円

いずれも対応OSはWindows 7 SP1/Vista SP2/XP SP3以降(32bit/64bit)と、Mac OS X 10.5.8以降。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART