このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

前編:水中生物をアップで観察する

理科好き注目のタフカメラOptio W90を使い倒してみた

2010年04月22日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ちまたにあふれるコンパクトデジタルカメラの中でも、ここ数年は「タフさ」を付加価値にした製品が登場するようになった(関連記事)。アウトドアレジャーをターゲットにしたハイセンスな製品が急増し、販売店店頭でも専門コーナーが設けられるほどだ。今回紹介するのは、ペンタックスブランドのコンデジ「Optio W90」だ。

 この機種を「夏休みの自由研究」でどこまで活用できるのかという、ちょっと変わった視点から2回にわたって徹底的に使い倒してレビューする。前編では、「デジタル顕微鏡モード」に注目する。

Optio W90 水深6m、2時間の防水性能を備える「Optio W90」。汚れても水洗いすればOKという気軽さもいい

光学5倍ズーム、1210万画素CCD
屈曲光学系採用の薄型デジカメ

 Optio W90を特徴付けている「防水・防塵・耐衝撃」そして「耐寒」というヘビーデューティーな仕様を除けば、カメラとしての撮影機能は一般的なものである。簡単にコンデジとしての基本性能を見ていこう。

 光学系は非球面レンズを5枚使用した9群11枚の5倍ズーム。焦点距離は5~25mm(35mmフィルム換算で約28~140mm)で、超広角から準望遠までをカバーする。撮影距離は50cm~無限遠、マクロ時には10~60cm、1cmマクロ時には1~30cmとなる。撮影時に無限遠、パンフォーカス、マニュアルフォーカスの指定も可能だ。

 撮像素子は1/2.3型のCCD撮像素子。撮影モードによって最大撮影画素数は異なるが、最大で4000×3000ドット(4:3)の写真が撮れる。なお、動画撮影時は最大1280×720ドット/30fpsの撮影が可能だ。

感度設定は最大ISO 6400まで
感度設定は最大ISO 6400まで設定できる夜景モード(最大広角側)で撮影したサンプル。撮影データはISO 800、F値3.5、露出1/8秒、手持ちでの低速シャッターだが、ブレずに写っている(縦型画像より一部をトリミング)

 CCDの感度はISO 80~6400相当で、シャッター速度は1/1500~1/4秒(夜景モード時に最長4秒)となる。絞りがF3.5~F4.2(広角側)と調整範囲が狭いため、明るすぎる被写体は露出オーバーとなることもあるが、手ぶれ補正(電子式+高感度)が働くため暗いところには強い。また、動画撮影時にも電子式手ぶれ補正が効く。

 背面には2.7型ワイド/約23万ドットの液晶モニターを備える。底面カバーをあけると専用リチウムイオンバッテリー(撮影枚数205枚)、SD/SDHCカードスロットがある。また側面には、USB 2.0、PC/AV端子、HDMI端子が防水・防塵カバー内部に格納されている。

本体前面 本体背面
本体のコーナーはラバー樹脂素材で覆われている。レンズ周囲に3個ある小さな丸はLEDライト背面右側に操作ボタンが集中。機能を割り当てられるグリーンボタンが使いやすい
本体上面には電源ボタンとレリーズボタン
本体上面には電源ボタンとレリーズボタンがある。誤動作を防ぐためか、押し込むように操作する
本体下部 左側面のコネクタ部カバーを開けた状態
本体下部にはバッテリー用スロットと、写真では見えないが三脚取り付け穴があり左側面のコネクタ部カバーを開けた状態。中にはパソコン接続用のUSBポートとミニHDMI出力端子

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART