このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

2009冬 プリンター「買い替え」のツボ ― 第3回

最新プリンター 魅惑のハイエンド3機種、三つ巴の戦い!

2009年11月21日 19時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回の比較対象は、価格帯が2〜4万円のハイエンドモデル。ミドルレンジ編と同じく、キヤノン、セイコーエプソン、日本HPという3社でガチンコ勝負だ!

プリンターに何を求めるか

 日本のユーザーには独特の感性があり、写真やカメラ(デジカメ)に対しての品質要求が高い。言ってみれば、誰もがマニアック的要素を持っているということだ。

 家庭内でのカラープリンター利用は、もっぱら写真印刷のためであり、ドキュメントへの印刷ニーズはそれほど高くない。そのため、国内で競うようにフォトプリンターを開発してきたセイコーエプソン(エプソン)とキヤノンの製品は、もはや「究極の写真プリンター」と呼べる品質にまで引き上げられている。

 一方、欧米の状況を見てみると、カラープリンターはビジネス分野で広がり、やがてコンシューマー市場に拡大してきた経緯がある。

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)を傘下に抱える米ヒューレット・パッカードにしても、IBMのプリンター製造部門が独立してプリンター専業メーカーとなったレックスマークにしても、当初は文字印刷が主体。そこからグラフや資料写真などを含んだ文書印刷の最適化に進み、やがては写真印刷においても一定の品質を持つようになってきた。

 さて、前置きはこれぐらいにしておこう。このことを意識の片隅に入れておくと、今回紹介するハイエンドクラスのインクジェット複合機で、それぞれの特徴が思い浮かびやすくなるはずだ。


ミドルレンジ・ハイエンドの違いはコレ!

 今回は、インクジェット複合機の中でも、コンシューマー向け製品としてより上位に位置するハイエンド機が対象だ。国内メーカーからは、キヤノンの「PIXUS MP990」、エプソンの「Colorio EP-902A」の2機種をピックアップ。海外メーカーからは、日本HPの「HP Photosmart Premium C309G」をエントリーして、合計3製品を比較する。

PIXUS MP990 キヤノン「PIXUS MP990」。直販サイト「キヤノンオンラインショップ」の価格は3万9980円
エプソン「Colorio EP-902A」。直販サイト「Epson Direct SHOP」の価格は3万9980円
日本HP「HP Photosmart Premium C309G」。直販サイト「HP Directplus」の価格は2万1840円

 いずれも、前回取り上げたミドルレンジ機を基本として、例えば、印刷解像度やイメージ取り込み解像度の向上、印刷時間の短縮といった性能がアップしている。また、両面印刷機能、自動紙送り(ADF、オートドキュメントフィーダー)、フィルム原稿の読み取りなどの付加価値が加わっている。ミドルレンジとハイエンドで何が異なるのか。まずは、下表で強化ポイントを整理してみよう。


主要スペック

中位機 → 上位機 MP640 → MP990 EP-802A → EP-902A B209A → C309G
プリンター部
インクジェット方式 サーマル MACH サーマル
最大解像度 9600×2400dpi 5760×1440dpi 4800×1200dpi → 9600×2400dpi
インク色数 5色 → 6色 6色 4色 → 5色
印刷速度(L判) 約17秒 約14秒 約13秒 → 約12秒
CD/DVD印刷 ×
自動両面印刷
(オプション)
× → ○
スキャナー部
センサー方式 CIS → CCD CIS CIS
光学解像度(主走査×副走査) 4800×9600dpi 2400×4800dpi → 4800×4800dpi 1200×2400dpi → 4800×4800dpi
フィルム読み取り × → ○ × ×
ADF × ×
その他
液晶ディスプレー 3.0インチ → 3.8インチ 2.5インチ → 3.5インチ 2.4インチ → 3.45インチ
ネットワーク 有線/無線LAN 有線/無線LAN 無線LAN → 有線/無線LAN
ウェブサーバー
Bluetooth
(オプション)
× → ○
用紙トレイ(普通紙) 150枚×2 120枚 125枚

ミドルレンジ/ハイエンドで仕様が変わらない場合は、矢印なしで項目を記載しています

 この表を見れば、カラー写真印刷の品質に最も関係すると考えられる印刷解像度やインク色数は、キヤノンや日本HPのモデルで変わっているが、印刷速度はほぼ同じということが分かる。機構的な話では、MP990がフィルム原稿の読み取りに、EP-902AがADFに、C309Gが自動両面印刷にそれぞれ対応した点が目立つ。

 また、これらの性能向上に伴って、本体のサイズや形状も若干変わった。もちろん価格も違う。それぞれのメーカーの直販価格を比べてみると……。

ミドルレンジ・ハイエンドの価格差

メーカー 中位機 上位機 価格差
キヤノン MP660:2万9980円 MP990:3万9980円 1万円
エプソン EP-802A:2万9980円 EP-902A:3万9980円 1万円
日本HP B209a:1万5960円 C309G:2万1840円 5880円

 では次ページより、各機種ごとに特徴を見ていこう。冒頭で述べたように、日本では画質を重視するユーザーが多いため、ハイエンドモデルではその辺を詳しく調べてみた。また、各機種での印刷サンプルは、最後のページにまとめている。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART