このページの本文へ

Manli「ML-N-IONITX-A-U」
Manli「ML-N-IONITX-D-E」
Manli「ML-N-IONITX-B-E」

国内初登場Manliから安価な「Atom+ION」マザーが3モデル

2009年08月05日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Atom+ION」となるMini-ITX対応マザーボード3モデルがManliから発売となった。代理店はファスト。

Manli
国内初登場となる「Manli Technology Group」から「Atom+ION」となるMini-ITX対応マザーボード3モデルが発売。いずれもすでに発売中のZOTAC製IONマザーに酷似している

 国内初登場となるManliは、正式名称「Manli Technology Group」。香港や台湾、中国などでビデオカードやマザーボードなどを生産、販売、供給を行なっているメーカー。お馴染みファストが代理店契約を締結後、第一弾製品となるのが今回の「Atom+ION」マザーだ。

「ML-N-IONITX-D-E」
Atom 330採用の「ML-N-IONITX-D-E」。I/O部にVGA/DVI/HDMIの各出力を搭載。大型のヒートシンクを採用し付属品には冷却ファンが付く

 ラインナップはAtom 330採用の「ML-N-IONITX-D-E」とその90W ACアダプタ採用モデル「ML-N-IONITX-A-U」、下位モデルとなるAtom 230採用の「ML-N-IONITX-B-E」3モデル。いずれも大型のヒートシンクを採用し、メモリスロットがDDR2-667/800対応のDDR2 DIMM×2(4GBまで)、オンボードインターフェイスにVGAや6chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA II×3、eSATA×1を搭載。I/O部にVGA/DVI/HDMIの各出力を備える。なお、Atom 330採用の上位2モデルはMini PCI-ExpressにIEEE 802.11b/g/n対応の無線LANカードを標準で搭載する。
 ちなみに、同製品に酷似したモデルとしてZOTACから発売されている「Atom+ION」マザーシリーズが該当する。ただし、価格は今回のManli製のほうが安価。販売を確認したアークとドスパラ秋葉原本店、ソフマップリユース総合館で「ML-N-IONITX-D-E」が2万690円、「ML-N-IONITX-A-U」が2万2980円、「ML-N-IONITX-B-E」が1万6300円となっている。

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中