このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「地震研究所ラボツアー」でシャレにならないお話を聞いた

首都直下型地震は70%と予測する地震研究所へお邪魔した!

2008年06月06日 13時00分更新

文● 川口友万

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 四川大地震が収まり切らぬ昨今、日本は大丈夫なのか? 一般向けに技術や研究を紹介する第1回「東京大学地震研究所ラボツアー」が開催されたので参加してきた。文人にして科学者の寺田寅彦博士が設立した由緒正しき地震研究所は地震研究の最前線である。

2005年から07年の3年間、日本で起きたマグニチュード2以上の地震の震源がプロットしてあります

 アウトリーチ職として、研究所の情報を外に発信、反対に外からの情報をコーディネートする大木聖子さんはアメリカ帰りのキュートな博士。地球の内部構造のスペシャリストである。その大木さんに最初に案内されたのがCGで作られた日本の震源分布図だ。

大木氏
国内で地震が起きるとリアルタイムで地震研究所にデータが送られてくる

日本海側で地震が起きたにもかかわらず、太平洋側の方が震度が大きいということがあるんですね。普通は震源に近いほど被害が大きいのですけれど、震源が深い場合は深い部分のプレート面に沿って波が伝わるためです

 それにしても真っ赤である。地震だらけだな、日本。と、その時だ。ピロピロリン! と間の抜けたチャイムが鳴った。

今、茨木県の沖で地震が起きました。14~5秒後に来ますね。マグニチュード5.1、最大震度2、すごい偶然ですね!

地震
地震は海中でも起きる。そこで海半球観測研究センターでは球形のユニットに地震計を納めて海底に沈め、地震の測定を行っている

 地震が起きると同時に観測所からネットワーク経由でデータが送られてくるのだ。あっという間に地震の波形が激しく揺れた。なんか緊迫するな。日本では、5分に1回地震が起きているのだそうだ。世界の地震の1割が日本で起きているのである。

タイトルに事実と異なる表記をしてしまいました。訂正するとともに、関係者並びに読者の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

次のページへ続く

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART