このページの本文へ

今回は誤報だったものの……

緊急地震速報でケータイから警告音が鳴り響いた朝

2009年08月25日 14時38分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今朝、ケータイからこれまで聞いたこともない警告音が鳴り響いて、目を覚ましたという人は関東地方には多いのではないだろうか。

エリアメール実際に届いていたドコモの「エリアメール」。エリア内の端末にほぼ同時にメールを配信するために専用のシステムを用いている

 これは気象庁から出された緊急地震速報にともなったもの。今回は実際には震度1以上の揺れがなかったために結果的に誤報となったが、改めてその存在を知らしめることになった。

 緊急地震速報は震源地に近い地震計のデータを分析し、大規模な地震発生が予測される場合は、交通機関や放送局などに伝達され、さらにそこから情報が発信される仕組みだ。

 震源地から近い場所では速報が間に合わないケースもあるが、ほんのわずかな時間の猶予でも頭部を保護するなどして、身を守れる可能性は高まる。一方で自動車の運転中などは、急な操作が二次災害を招く可能性もある。緊急地震速報時の対処方法については、気象庁のサイトに参考資料が用意されているので、そちらを参照してほしい。

対処方法 気象庁のサイトにある速報時の対処例。自動車で慌てて急ブレーキをかけると、速報を知らない他車に追突されるなど危険な場面が発生するので注意が必要

 さて、ケータイでの緊急地震速報だが、NTTドコモ/au/ソフトバンクの各キャリアで受信サービスが用意されている。ただし、実際の利用には対応端末が必要。ソフトバンクについては唯一の対応端末である「831N」が9月中旬の発売予定で、今回実際に警報が届いたのは前2キャリアのユーザーということになる。

 ドコモについては、対応端末は705i/905i以降の国内メーカー製端末のほぼすべて。ただし、2008年の冬モデルより前の機種については、デフォルトで「受信しない」設定になっているので注意が必要だ(auについてもほぼ同様)。受信を希望する場合は、設定を再確認したい。

エリアメールの設定機種によってはあらかじめ受信するように設定を変える必要がある

 また、警告音は緊急地震速報用で共通で利用されている専用のサウンドが用いられている。ドコモの最新機種については、マナーモード時などに警告音を鳴らすかどうかを選択することもできる。

 今回警告音を実際に聞いた人もそうでない人も、今後速報が出されたときに慌てて間違った行動を起こさないよう、対処方法を頭に叩き込んでおきたい。

アイリスオーヤマ ケータイ以外でもFMラジオで放送される専用の警告音を受信し、ブザーで知らせる機械も存在している。画面はアイリスオーヤマの製品で価格は約8000円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART