このページの本文へ

ケータイ業界を知る5人が語った

大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!

2008年06月02日 04時00分更新

文● ゴーズ、アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

金銭的な条件をクリアできればドコモ

神尾寿氏(通信ジャーナリスト)

神尾寿氏写真
神尾寿氏 ケータイとクルマのビジネス動向、技術動向に詳しい。IRIコマース&テクノロジー社の客員研究員、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、モバイル・プロジェクト・アワード選考委員なども勤める。「ITmedia」ほか連載多数。

 Appleは"市場規模の大きさ"と"グローバル性"を重視する会社だ。そう考えると、3G版iPhoneとして採用国・利用者数の多い「W-CDMA」方式を採用するのは自然なこと。またW-CDMAは関連部品の製造メーカーが多く、コスト削減も期待できる。対応周波数も国際的にポピュラーな2GHzとなるだろう。

となると、日本でのキャリアはNTTドコモかソフトバンクモバイルに限られる。このうち最も可能性が高いのは、シェアが大きい最大手のドコモだ。ドコモもiPhoneの獲得には前向きな姿勢を見せており、金銭的な条件を別にすれば"相思相愛"になる可能性が高い。

次ページ「ユーザー数の多いドコモが有力だが……」(法林岳之氏)に続く

お詫びと訂正:

掲載当初、「金銭的な条件」が、「金銭的な上限」となっておりました。

読者の皆様、神尾寿様をはじめ、関係者各位にお詫び申し上げます。

ピックアップ