このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ケータイ機能一本釣り ― 第2回

データも完全定額のEMONSTER――速度とスタミナをチェック!

2008年04月07日 12時22分更新

文● ヤシマノブユキ 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「EMONSTER S11HT」  イー・モバイル/HTC Nippon製 新規契約時価格 1万9980円前後(新にねん+ご加入アシストにねん契約時)

 「EMONSTER S11HT」(以下、S11HT)は、 これまでデータ通信専業だったイー・モバイルが音声サービス開始と同時に投入した同社初のスマートフォンだ。

 一般的な携帯電話ほどのコンパクトなボディーに、チルト機構が斬新な2.8インチQVGA(320×240ドット)液晶ディスプレーや、バックライト付きでスライド式のQWERTYキーボードのほか、有効300万画素オートフォーカス付きカメラ、GPSなどを搭載。通信速度下り最大3.6MbpsのHSDPAや同54Mbpsの無線LAN(IEEE802.11b/g)、Bluetooth2.0+EDRなどにも対応し、通信面が充実している。

 イー・モバイルの音声端末は、単体でデータ通信する場合のみならず、PCに接続した場合でも定額で通信し放題なのが大きな特徴だ。しかし、PCにつないだ場合でも定額制の上限額が据え置きになることはあまり知られていない。実はS11HTには、こうした同社の強みを活かすユニークな機能が搭載されている。今回はそのあたりを一本釣りしてみたい。

正面 背面
【正面】 (左上から)自分撮り用サブカメラ、通知用LED(充電/メッセージ/ネットワーク状態)、受話口、通知用LED(Bluetooth/無線LAN/GPS状態)、タッチパネル、通話ボタン、左ソフトキー、ナビゲーションコントロール/Enterボタン、右ソフトキー、終話ボタン、スタートボタン、IEボタン、メールボタン、OKボタン。液晶部をスライドさせるとハードウェアキーボードが出現する【背面】 (上から)GPSアンテナコネクター(カバー付き)、メインカメラ、モノラルスピーカー、電池カバー。SIMカードスロットは液晶部背面にある
底面 上面
【底面】 (上から)microSDカードスロット、リセットボタン、ストラップ取り付け穴、miniUSB/ACアダプター接続端子、送話口【上面】 何もなし
【左側面】 【右側面】
【左側面】(左から)ボイスタグボタン/ボイスメモボタン、ジョグホイール、OKボタン【右側面】(左から)スタイラスペン、カメラボタン、電源ボタン

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART