このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

発売直前! 動画で見る「WILLCOM 03」

2008年06月19日 16時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
WILLCOM 03
WILLCOM 03。従来機種より大幅に小型化したほか、カラーバリエーションも豊富に備える

 ウィルコムから今月27日(予約開始は20日)に発売予定のスマートフォン「WILLCOM 03」関連記事)。W-ZERO3シリーズの流れを汲む最新機種で、OSには国内では初めてWindows Mobile 6.1 Classic日本語版を採用している。

 スライド式キーボードを備えながら、ボディーは非常にコンパクト。重量も135gと軽い。最初から3色のカラーバリエーションを備えるなど、デザイン面にも注力した製品だ。ここでは、発売直前の試作機のインプレッションをお届けする。



ボディーをケータイ並みに小型化、キーボード配列も変更


WILLCOM 03
従来機種のアドエスと比較。厚みはそれほど変わっていないが、縦の長さが短くなり、かつ重量もずいぶんと軽くなっているため、手に持つとかなりコンパクトになった印象を持つ

 まず印象的なのがコンパクトなボディーである。ソフトバンクの「FULLFACE 2 921SH」「インターネットマシン922SH」を足して2で割ったような外観は、もはや携帯電話そのものだ。ちなみに双方ともWILLCOM 03と同じシャープ製だ。スマートフォンには見えないコンパクトなボディーは個人的には大歓迎だ。

 従来のAdvanced/W-ZERO3 [es]との比較では、高さが19mm、重量が22g減少している(その他は同じ)。

 が、その外観はあまりにスッキリしすぎていて、これまでW-ZERO3シリーズを乗り継いできたようなガジェット好きにとっては、やや物足りなく感じられるかもしれない。


キーボード
キーボードは、左側に「全角/半角」「Tab」「Fn」キーを分離した特徴あるレイアウト。キーサイズは小さいが、クリック感も適度で、なかなか打ちやすい。右下のカーソルとEnterキーや、Fnとのコンビネーションで打ち込む数字と記号関係の位置がやや変則的

 初代W-ZERO3からのトレードマークであるスライド式キーボードは今回ももちろん搭載する。「W-ZERO3シリーズである以上、これだけは絶対に搭載し続ける」(ウィルコム サービス計画部の須永康弘課長)というキーボード。本体の小型化にともないひとまわり小さくはなったが、従来機の「Advanced / W-ZERO3[es]」(以下アドエス)と同様、ほどよいクリック感があり、キーは押しやすくなっている。

キーボード
小ぶりだが、比較的打ちやすいキーボードと言えそうだ

 左端の3個のキー(半角/全角、Tab、Fn)がその他のキーとやや離れているのは、両手で持ったときに押しやすくするための工夫だそうだが、残念ながら限られた試用時間ではその効果を実感することはできなかった。このあたりは追って検証してみたい。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART