このページの本文へ

アスキーチャンネル生放送「デジデジ90」アーカイブ/2018年版 ― 第13回

2018年4月17日放送

イッペイパパになる!? 自腹総額100万円越え!! 「Winbot」でガチ生自作

2018年04月19日 18時00分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年4月17日(火)は「40万円超えの球体型PCケース『Winbot』で自作!!」を放送しました。パッケージ総重量51kg、直径約68cm、価格は税込40万円超……。衝撃的な見た目で、発売前から大きな話題となっていた球体型PCケース In Win「Winbot」。

 日本では計6台限定発売という激レアな巨大ケースを、ジサトライッペイがなんと自腹で購入! ジサトラ見習いつばさとともに、一発勝負の自腹Winbot自作ショーをお届けしました。

 ゲストにはWinbot自作経験者であるIn Win代理店 株式会社アユートの森田健介さんにお越しいただきました。それでは、放送のようすを画像でふりかえります。どうぞ!

 まずはWinbotの梱包を解く作業です。3人で協力してネジを外していきます。中にはラッピングされたWinbot本体が!

 ババーン! ついにWinbotの姿があらわになりました! デカッ!!

 イッペイ、カメラの前に背中を向けて飛び出してしまうほど興奮! まるで産まれたての我が子と対面した親の様でした。

 中にはIN WIN VIP CLUBカードも! 日本で6台、世界でも250台しか出荷されていないWinbot所有者にのみ許されたカードです! これを見せれば「Winbot所有者」であることを証明できます!(なにか特別なサービスを受けられるカードではありません)

 Winbotオープン! ケースの中にはマザーボードや電源を固定するパーツが入っています。これらを取り出して用意したPCパーツを装着し、再び中へ戻して完成です。

 用意したPCパーツも、もちろんイッペイの自腹! なんと総額およそ101万7000円!!!!!!

 途中「このパーツ入る? 入らない!?」「配線届く? 届かない!? いや! こっちからなら届く!」などガチンコ生自作ならではの奮闘もありつつ、完成に近づいていきます。

 パーツをすべて組み込んで電源をつなげます。

 完成!!!!!!!!

 Winbotに標準搭載されているカメラを起動! 完成したてのWinbotはしっかりイッペイパパの姿を認識した様です! おめでとー!

 詳しい放送の内容はぜひぜひ今回の放送アーカイブをご覧くださいね。まずはサンプル動画をどうぞ。


 「40万円超えの球体型PCケース『Winbot』で自作!!」放送の全容は、ASCII倶楽部にログインして、ご覧ください!

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!