このページの本文へ

アスキー格安SIM通信速度比較第125回

楽天モバイルとLINEモバイルそれぞれが持つ独自のメリット

格安SIM「楽天モバイル」「LINEモバイル」がワイモバイル、UQモバイルに通信速度以外で勝っている点

2018年08月11日 19時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事はASCII倶楽部で6月23日に掲載した記事を再編集したものです。

 格安SIMサービスは、現時点でも数えきれないほど存在しており、ASCII倶楽部で格安SIMの連載を担当している私でさえもカバーしきれていないサービスが多数なのが現状です。細かいところまで数えれば40サービス以上あるのではないでしょうか。

 これだけ数がありつつも、実際のところは一部の格安SIMに人気が集中しているようにうかがえます。MMD研究所が実施した格安SIMの意識調査によると、au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアを契約している人は、「Y!mobile」「楽天モバイル」「UQ mobile」の3サービスへの乗り換えを検討しているようです。

Y!mobile
楽天モバイル
UQ mobile

 ただし、Y!mobileはソフトバンク、UQ mobileはau(厳密に言えばUQコミュニケーションズ)がサービスしている格安SIMで、これら2つは「サブブランド」であったり「サブキャリア」だったりと呼ばれています。キャリア直下の格安SIMということで、通信速度などがほかの格安SIMよりも優れているという特徴があります。それゆえ、ほかの格安SIMサービスとは若干異なる扱いを受けていることが多く、ほかの格安SIMサービスもサブブランドを意識しているような施策を打ちだすことがあります。

 実際、サブブランドの格安SIMはかなりメリットが多く、ほかの格安SIMを淘汰しかねない状況になる可能性すら秘めています。そんななか、Y!mobileとUQ mobileに並ぶように楽天モバイルが非常に人気を集めているのです。

 スマホで主に使用する格安SIMは、料金を安く抑えることは大前提として、通信速度が非常に重要です。この通信速度の差は格安SIMサービスごとに存在しています。

 ASCII倶楽部では格安SIMの通信速度を今年1月から平日12時、15時、18時の3つの時間帯で計測しています。ASCII倶楽部で計測した通信速度のデータはこの記事内でも後程紹介しますが、実際のところ「Y!mobile」と「UQ mobile」に速度で勝てる格安SIMは存在していません。微差でどうにかなるようなわけでもなく、圧倒的な差をつけているのが現実です。サブブランドであるY!mobileとUQ mobileに対しては、ほかの格安SIMは通信速度では勝負をするべきではないとまで言えるほど。

 通信速度というスマホを使ううえでの生命線がサブブランドに比べて圧倒的に劣るほかの格安SIMサービスは、何が人気なのでしょうか。ASCII倶楽部で毎週末に更新している格安SIM連載では前回、Y!mobileとUQ mobile、楽天モバイルという人気格安SIMに加え「mineo(マイネオ)」を合わせて「格安SIMは楽天モバイルとmineoが人気の理由 ワイモバイルやUQモバイルに並ぶワケ」という記事を公開しました。

 前回の記事では「実店舗がある」ということに着目しましたが、今回は格安SIMサービスごとに差がある「オプション」などに着目して、サブブランドにはない魅力をもつ格安SIMを紹介していきます。

唯一無二の長所を持つのが楽天モバイルとLINEモバイル

 詳しくは後述しますが、先にも書いたように前提として知っておいてほしいのは、Y!mobileとUQ mobileに通信速度で勝てる格安SIMはないということ。通信速度という分野においては、これらの格安SIMを上回るサービスは現状存在していません。こうした現状のなかで、ほかの格安SIMも選択に入る理由は、独自のオプションなどによるメリット(長所)があるからです。

 Y!mobileとUQ mobileを除くほかの格安SIMサービスは、料金プランや通信速度の差はほとんどありません。そのため格安SIMサービスは、それぞれで「ほかのサービスとは異なるオプション」などを用意しています。このオプションによって同業者との差別化をしています。たとえば、YouTubeが見放題になる「BIGLOBEモバイル」、人気スマホXperiaをセットで購入できる「nuroモバイル」など。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション
nuroモバイルならXperiaを選べる

 実は格安SIMを選ぶときに最も重要なのはこうした独自のオプションで判断することです。先ほども書きましたが、月額料金や通信速度に差はないので、自分に合うオプションを探すことで、自分にぴったりの格安SIMを見つけられます。

 こうしたオプションのなかで、私がオススメするのは「楽天モバイル」と「LINEモバイル」の2サービス。当然ながら、以下で紹介する長所は、ほかの格安SIMサービスはもちろん、Y!mobileやUQ mobileにもない点です。

お得な格安SIMを探しているなら「楽天モバイル」がおすすめ

楽天モバイル

 まずは楽天モバイル。楽天モバイルのメリットは前回の記事でも触れていますが「実店舗が多数ある」「楽天スーパーポイントを貯められる、使える」というのが大きな長所です。

 とくに後者の「楽天スーパーポイント」に関する要素が非常に大きなオススメポイントです。毎月の支払いで100円につき1ポイントもらえます。付与率は大きくないものの、毎月の料金が2000円だとすれば、楽天スーパーポイントを毎月20ポイント付与される計算です。実はかなり大きいのは「楽天市場で買い物をすると『お買い物ポイントが+2倍』」という点。

楽天モバイルでは、楽天スーパーポイントを使える、貯められる

 私自身は普段は楽天市場で買い物することはないのですが、ヘビーユースしている方にとっては相当な恩恵になることは間違いありません。逆に言えば、楽天モバイルに切り替えたのであれば、楽天市場を使わない手はないです。

国内を代表する通販サイト「楽天市場」と楽天モバイルの相性は抜群

 しかも、こうして貯まった楽天スーパーポイントは、通常の楽天スーパーポイントと同様にさまざまな店舗で利用可能ですし、楽天モバイル自体の支払いにも使えます。

 つまり、楽天モバイルは、月額料金自体はほかの格安SIMサービスと差はないものの、ポイント付与されることによって、実質的にオトクになる格安SIMということです。スマホの月額料金を安くすることはもちろん、結果的にさまざまな部分でポイントを貯められるのは、ほかの格安SIMサービスにはないオプション。幅広いサービスを展開している楽天だからこそできることでもあります。「お得な格安SIM」を求めるのであれば、楽天モバイルがおすすめです。

 余談ですが、ポイントとは話は変わるものの、季節ごとなど楽天モバイルでは、スマホ端末を激安で購入できるセールも実施しています。現在も「夏のボーナスセール」というものを実施していて、格安スマホと合わせて購入するのもオススメです。ラインアップされている端末だと「HUAWEI nova lite 2」が人気です。

楽天モバイルで現在実施中のスマホ端末セールキャンペーン。楽天スーパーセールなどに合わせて実施することも

楽天モバイルとLINEモバイルそれぞれがもつ特徴
MVNOではLINEモバイルだけの大きすぎるアドバンテージとは

 以降の内容は、ASCII倶楽部会員の方だけがお読みいただけます。ASCII倶楽部はアスキーの有料の会員サービスです。入会から3日間は無料でお試しできますので、気になる方はこの機会にどうぞ。
 ASCII倶楽部では格安SIM以外にもさまざまな連載を更新中。また、2013年4月以降に発行した「週刊アスキー 電子版」も最新号に至るまですべて読み放題です!

 この記事の続きでは
格安SIM自体のデメリットを克服するLINEモバイルだけがもつ「メリット」
Y!mobileとUQ mobile以外の格安SIMに通信速度の差はない
通信速度を求めないなら格安SIMはオプションで選ぶべき
 を紹介しています。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!