このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第348回

エアコン「つけっぱなし」結局オトクなのか

2018年02月19日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
こちらは「24時間エアコンつけっぱなし」の消費電力

 昔の常識は、いまでは否定されているものも多かったりします。

 たとえば夏場の冷房は、こまめにオン/オフするよりも、つけっぱなしのほうが電気代がかからない場合がある。エアコンは設定温度を維持するより、設定温度にいたるまでの高出力運転のほうが、電力消費が大きいのですね。部屋を冷やすのに電力を使うわけで、一度冷えてしまえばそのままが安い。

 では冬場の暖房はどうでしょうか。ダイキン工業はエアコン暖房の消費電力を検証、こまめにオン/オフするよりも、30分程度の外出ならばつけっぱなしのほうがオトクという結果を発表しています(ニュースリリース)。

 もともと同社は2016年に夏場のエアコン冷房の電力消費を検証しており、30分程度の外出であればつけっぱなしのほうが電気代が安いという結果を発表していました。エアコン暖房としてはどうなのかとユーザーからの問い合わせを受け、新たに暖房バージョンの実験を実施したそうです。

「30分ごとにオン/オフを繰り返したエアコン暖房の消費電力」。上のグラフと比べてみましょう

 京都市内の築15年のマンションで検証、24時間つけっぱなしの場合と、30分間隔でオン/オフを繰り返した場合、つけっぱなしにしたほうが電気代は安くなる結果となっています。ただ、ケースバイケースといえばそれまでですが、生活時間帯によってはつけっぱなしがよいとも言い切れない。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!