このページの本文へ

倶楽部のAV特集第10回

きっと満足!!

いま買うべき、高級ハイレゾ&ポータブルプレーヤー

2017年05月26日 19時00分更新

文● フィアット小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この夏に向けてポータブルオーディオの市場が活性化してきた。最新DACを搭載した高機能ハイレゾプレーヤーはその1例だが、BluetoothやWi-Fi搭載のスピーカーも注目機種が目白押しだ。ここでは編集部注目の製品を集めてみたぞ。

高音質を手に入れるならハイレゾプレーヤー、今後登場する機種を含めて紹介!

高音質を目指す人も気軽さを重視する人も

写真はOPUS#3とBose SoundLink Revolve

 音楽をどこでも高音質に楽しみたい。そう考えたあら、手軽さという面でも機能面でもポータブルプレーヤーは最初に検討した機種だ。

 再生方法にはスマホやPCなどいくつかあるが、高音質にこだわりたいなら、やはり少し高めのハイレゾプレーヤーの購入がおすすめだ。対応フォーマットの豊富さに加えて、再生の手軽さ、そして手持ちのイヤホンの潜在能力を引き出す駆動力など、導入には大きな利点がある。

 一方より気軽にというのなら、ワイヤレスを使った高機能を中心としたスマホ再生がおすすめ。アウトドアやパーティ、そしてプライベートなど幅広いシチュエーションで利用できる無線対応スピーカーも高音質化・高機能化が進んでいる。

 これらの機器の魅力は、やはり専用アプリと連携してストリーミングサービスの音を気軽に楽しめる距離感の近さだ。さらに専用アプリと連携した追加機能なども利用できる。

 定番のブルートゥース・ヘッドホンでは少し予算を積んで、ノイズキャンセル機能も手に入れたい。操作感・デザイン・機能のバランスが揃った機種が増えてきた。

ズバリここに注目! この夏のポータブル事情

 高級プレーヤー市場の大きな傾向としては、ヘッドホンのバランス駆動に対応した機種が増えてきた点が挙げられる。

 ヘッドホンには左右のユニットがあり、それぞれ+と-の線がつながっている。しかし一般的なヘッドホンでは、このうちLとRの+だけが独立し、LとRの-は1本の線でまとまっていることが多い。これが3極のアンバランス駆動だ。

 一方バランス駆動では、Lの+と-、Rの+と-がそれぞれ独立し、さらに別々のアンプで駆動する。そのため4極(もしくはこれにGNDを加えた5極)の端子が使われる。バランス駆動すると、駆動力が増し、音の応答性や解像感が高まる。

 また、DACチップの進化もあり、10万円以上の高級クラスでは11.2MHzDSDなどより幅広いフォーマットに対応する機種が主流に鳴っている。より情報量が多く高音質なハイレゾ音源の再生が可能になるのだ!

ハイレゾプレーヤーにおけるこの夏の定番機能

・バランス駆動
3.5mm3極に加え、2.5mm4極端子を持つ機種が増えてきた。4~6万円の入門クラスでも標準的な機能になっている。

・便利なWi-Fi接続
Wi-Fiで直接音源をダウンロードできたり、自宅のNASに保存したデータをLAN経由で再生できる機種が増えた。

・DSD再生も楽しめる
音源が増えてきたDSD。5.6MHzまでの再生はサポートしてほしい。ネイティブ再生かPCM変換かについても注目。

スマホ再生におけるこの夏の注目ポイント

・Wi-Fi接続かBluetoothか
人気はBluetoothだが、Wi-Fiスピーカーの選択肢も増えてきた。SpotifyやAWAの再生を単体でできる点は便利。

・屋外での使用を考慮
バッテリー寿命に加えて、防水防塵機能の有無はチェックポイント。ヘッドホンの新トレンドとしては、外音取り込み機能の有無。話しかけられたり、安全に使うための配慮だ。

定番ハイレゾプレーヤーの注目機種を紹介

限定モデルを含め、色は7色。写真はオリエンタルレッド

Astell&Kern AK70(実売:6万円弱から)

DSD:5.6MHz(PCM変換)
PCM:384kHz/24bit

SPEC:メモリー●64GB バッテリー●約10時間 サイズ●約60.3(W)×13(D)×96.8(H)ミリ 重量●約132g

 高級DAPのブランドリーダーと言えばAstell&Kern。その高音質を手ごろな価格とサイズで提供する機種が「AK70」だ。軽量で豊富なカラバリも備える。内蔵64GB+マイクロSDカードで最大256GBの容量をサポート。DACチップはシーラス・ロジックの「CS4398」で厚みのある元気なサウンドが魅力。2.5mm4極のバランス駆動用端子や、USBデジタル出力、DLNA経由でのネット再生、aptXHD対応など、上級機の機能を継承している。ハイレゾの高音質を手軽に体験できる機種だ。

手のひらサイズで質感の高い金属ボディーを採用

パイオニア XDP-30R(実売4万円台前半)

DSD:5.6MHz
PCM:384kHz/24bit

SPECメモリー●16GB バッテリー●15時間 サイズ●約63(W)×15(D)×94(H)mm 重量●約120g

 手のひらに入る小型サイズながらDSDネイティブ再生や2.5mm4極のバランス駆動端子など高機能を詰め込んだ。DACチップは高級機種中心に採用されているESS Technologyの「9018CM2」を2基搭載。ポケットやカバンに入れた状態でも、スマホの専用アプリからブルートゥースでリモート操作できるなど、利便性も配慮している。内蔵メモリーは少な目だが、最大2枚のマイクロSDカードを差せる。e-onkyo musicのWiFi自動ダウンロードにも対応予定。

AKMデュアルDACでも安価な選択肢

FiiO X5 3rd generation(実売5万円弱)

DSD:5.6MHz
PCM:384kHz/32bit

SPEC:メモリー●32GB バッテリー●10時間 サイズ●約66(W)×14.8(D)×114.2(H)mm 重量●約186g

 AKMの「AK4490EN」を2基搭載し、ローパスフィルター/クロックもデュアル構成。2.5mm4極のバランス駆動にも対応する。USBデジタル出力、LINE出力/同軸デジタル出力兼用端子もあり、拡張性も豊富だ。内蔵32GB+2枚のマイクロSDカードを差せる(最大256×2枚)。Wi-FiやaptX対応のブルートゥースなど機能も豊富だ。カラーは3色。音楽専用のピュアミュージックモードに加え、Androidモードでは、アプリの使用も可能だ。

ハイレゾプレーヤーの購入ポイント
~DSD再生やバランス駆動はいまや基本機能~

 プレーヤー選びでまず重要になるのは対応フォーマット。192kHz/24bit、DSD5.6MHzに対応していればまずは問題なし。

 ハイレゾ音源の高音質再生を最初に楽しむのに最適なのが、実売4~6万円程度の機種で、かつてはエントリー機という位置づけだったが、再生フォーマットの面では問題なし。さらにヘッドホンのバランス駆動やデュアルDAC、Wi-Fi機能など、10万円以上のハイエンド機にしかなかったものも当たり前に鳴っている。

 高級機種では11.2MHz以上のDSDに対応するかが一つの基準。配信音源は数えるほどだが、すべてを網羅したいならチェックだ。スペックに表れにくい高音質パーツや筐体設計などに加え、高出力のアンプなどを備える。据え置き使用で単品コンポに匹敵する音質がえられる点も魅力だ。

ハイエンドクラスハイレゾプレーヤー

金メッキを施した無酸素銅切削筐体は質感もプレミアム

ソニー NW-WM1Z(実売30万円強)

DSD:11.2MHz
PCM:384kHz/32bit

SPEC:メモリー●256GB バッテリー●約30時間 サイズ●約65.3(W)×19.9(D)×123.4(H)ミリ 重量●約455g

 フルデジタルアンプ「S-Master」の搭載や11.2MHz DSDのネイティブ再生など最先端のスペックを持つシグネチャー・ウォークマン。超高級の価格帯だが、それに見合った高音質な機種であるのは言うまでもない。筺体や内部配線、コンデンサーなどの内部にも厳選したパーツを採用しており、S/N感の高さ、解像感、パワー感、音の広がりなど、まさにハイエンドにふさわしい機種だ。ペンタコン(4.4mm5極)端子によるバランス駆動にもいち早く対応した。

手のひらサイズで質感の高い金属ボディーを採用

オンキヨー GRANBEAT DP-CMX1(実売4万円台前半)

DSD:11.2MHz(PCM変換)
PCM:384kHz/32bit(24bitにダウンコンバート)

SPEC:メモリー●128GB バッテリー●25時間 サイズ●約72(W)×11.9(D)×142.3(H)mm 重量●約234g

 Android搭載のスマホであるが、音響メーカーが手掛け、高級プレーヤーといっても遜色ない音質と機能を備えた機種だ。スマホと兼用で高音質を持ち歩きたい人にとって孤高の存在。DSDS対応でSIMカードと最大256GBのマイクロSDカードは同時に差せる。PCM・DSD再生に加えて、MQAファイルの再生にも対応する点は一番の特徴。デュアルDACチップはESSの「ES9018CM2」を使用。バランス駆動にももちろん対応する。

作品というべきプレーヤーだ

audio-opus OPUS#3(実売9万円弱)

DSD:11.2MHz
PCM:192Hz/24bit

SPEC:メモリー●64GB バッテリー●8.5時間 サイズ●約74(W)×18(D)×117(H)mm 重量●約220g

 OPUSは作品と言う意味。メーカーは普通価格帯に沿った上位・下位のラインアップを作るが、このメーカーは使用するDACや音質傾向で機種ごとのベストを尽くすというアプローチが斬新だ。#3はバーブラウンのDACIC「PCM1794A」を採用。2.5mmの4極バランス駆動用端子を備え、内蔵WiFiを使い、SpotifyやDLNA再生にも対応する。航空機グレードのアルミをCNC切削加工した筐体は、角を落としたエッジデザインで高質感だ。

厚みのある本体だが、上から見ると台形に近く持ちやすい。

Astell&Kern KANN(実売13万円弱)

DSD:11.2MHz
PCM:384kHz/32bit

SPEC:メモリー●64GB バッテリー●15時間(CD品質) サイズ●約71.23(W)×25.6(D)×115.8(H)mm 重量●約278g

 厚みがあり縦に溝が入ったボディーは個性がある。この外見に劣らず中身も独特だ。ポータブルプレーヤーだが、高出力アンプ、6200mAhの大容量バッテリー、据え置き利用を考慮したLINE出力などポータブル機の枠を超えた仕様を持つ。DACチップはAKMの「AKM4490」。バランス駆動にもちろん対応し、マイクロSDカードに加え、通常サイズのSDカードも使える。DLNA再生や購入した音源のダウンロードなど上位機の多機能性も継承する。

ワイヤレススピーカー

ボーズ SoundLink Revolve+ Bluetooth Speaker(実売:3万円後半)

Bluetooth

SPEC:バッテリー●最大12時間 サイズ●約82(W)×82(D)×152(H)ミリ 重量●約670g

広がり感ある音を実現。ポットの様な独特のデザインだが、音質を考えての選択だ。

個性的なデザインが多いブルートゥーススピーカーの中でも独特の見た目だ。でもこれは音質に配慮した、聴けば納得の理由から。内蔵スピーカーは下向きに配置されており、円形の本体から音が360度均一に広がっていく。パッシブラジエーターを2機備え、ボーズらしい低音を実現する点も特徴。持ち運びやすい取っ手があり、IPX4対応の防滴仕様であるため、室内はもちろんアウトドアでも積極的に持ち出したくなる製品だ。2台を連動させれば、ステレオ再生もできる。

デノン HEOS1+GoPack(実売3万円台半ば、セット)

Bluetooth
Wi-Fi

SPEC:バッテリー●最大6時間 サイズ●約129(W)×134(D)×214(H)ミリ 重量●約1.7kg

AWAにも対応したWi-Fiスピーカー

 ワイヤレス再生というとブルートゥースが主流だが、ネットラジオや定額ストリーミング再生を楽しむならWi-Fiタイプがおすすめだ。海外で好評のブランドを逆輸入したHEOSは、その注目株。スマホを経由せず、SpotifyやAWAの再生を楽しめる。GoPackはこのHEOSをバッテリー駆動するためのモジュール。装着することでIPX4相当の防滴仕様になる点も嬉しい。屋外でのパーティーやキッチンなどでも活躍しそう。

フェンダーミュージック MUSTANG GT(実売2万円台後半から)

Bluetooth

SPEC(G40):バッテリー●── サイズ●約387.3(W)×210(D)×267(H)ミリ 重量●約6.25kg

ギターアンプが無線スピーカーに

 ギターアンプデザインのブルートゥーススピーカーは多いが、MUSTANG GTシリーズは本格的なギターアンプだが、ブルートゥーススピーカーにもなる製品。最も小型のGT40は、40W出力で、6.5インチドライバー×2、バスレフポート付きクローズドバックタイプ。電源は別途必要となるため、ポータブルとはいいにくいが、ギターの練習中にスマホの楽曲をちょっと確認するといった用途でも重宝しそうだ。Wi-Fi機能も持ち、スマホからエフェクトの選択が可能。

ソニー SRS-XB40(実売2万円台半ば)

Bluetooth

SPEC:バッテリー●約24時間 サイズ●約279(W)×100(D)×105(H)ミリ 重量●約1.5kg

重低音でイルミも華やか

 重低音が魅力のExtra Bassシリーズ。61mmのユニットとパッシブラジエーターを2組備えたXB40はその最上位機種だ。スピーカー再生時にはLEDライトに照らされて華やか。さらに左右にフラッシュライトや前面にイルミレーションライトも備える。まさにパーティー向きの仕様だが、『Fiestable』というアプリの使用で、簡易的なDJプレイも楽しめる。エフェクトやイコライザー、サンプラーなど視覚的にも楽しめる。

スマホ連携が楽しい、ヘッドホン/イヤホン

ソニー MDR-1000X(実売4万円弱)

Bluetooth
ノイズキャンセル

SPEC:バッテリー●最大20時間(Bluetooth/NCオン) 重量●約275g

ワイヤレス+ノイキャンのフルスペックで使い勝手も配慮。外音取り込みも便利な高音質機だ。

 新機種ではないが、昨秋以来大ヒット中の人気機種として紹介。ブルートゥース搭載でかつノイズキャンセリング機能も装備。密閉アラウンドイヤータイプだがコンパクトで携帯にも有利な機種だ。S-Master HXによる高音質再生もウリで、ウォークマン接続時にはLDACでハイレゾ相当の音質になる。操作性もよく考えられている。選曲は右側のタッチセンサーで操作する。触れるだけで、音量を絞り外音が聴ける「クイックアテンションモード」で電車のアナウンスや急な呼びかけも逃さない。

Beat-in Stick(実売1万6000円前後)

Bluetooth

SPEC:イヤホン部:サイズ●約21(W)×13.9(D)×13.9(H)ミリ 重量●約4.4g バッテリー部:サイズ●約81(W)×19(D)×19(H)ミリ 重量●約40g

コンパクトに持ち運べる完全分離イヤホン

 人気の完全分離型イヤホン。スマホなどとのケーブルだけでなく、左右のドライバーをつなぐケーブルもなく、装着感が快適だ。選択肢も増加中だが、デザイン性や携帯性の両立という面で注目したいのがこの機種。価格も比較的安価だ。カラバリは3色。スティックタイプの収納ケースで持ち運びしやすく、イヤホンがケース内のマグネットにしっかりと吸着するので、紛失しにくい。マイクも内蔵しており、ハンズフリー通話も可能になっている。

ソニー NW-WS625(実売2万円弱)

防水・防塵

SPEC:メモリー●16GB、バッテリー●約12時間(MP3再生時)重量●約32g

ネックバンド型の防水防塵ウォークマン。スポーツに便利。単体でもスマホ接続でも利用できる。

 ネックバンドイヤホン型ウォークマン。防水防塵対応で、-5~45℃の耐寒熱性能を備えるため、水泳などでも利用できる。海水にも対応。 WS625は最上位モデルで指にはめるリモコンが付属。ハイレゾ再生には対応しない。内蔵メモリーにMP3やAACファイルを入れて聴く製品だが、ブルートゥースヘッドホンにもなり、ハンズフリー通話にも対応する。スマホで音楽再生中に「5kmを通過」など情報を発したり、外音取り込みできるなど、フィットネスにも便利だ。

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!