このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第186回

スクエア写真撮れるチェキはInstagram世代にアピールするか

2017年04月20日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1:1のスクエア写真が撮れるチェキが登場です(関連記事)。富士フイルムは4月19日、インスタントカメラ「チェキ」の最新製品として、アスペクト比1:1のスクエアフォーマットを採用する「instax SQUARE SQ10」を発表しました。

 instaxシリーズではじめてイメージセンサー(1/4型CMOSセンサー)を搭載。1920×1920ドットで記録可能となり、「プリント機能を内蔵したデジタルカメラ」という趣ですね。自動露光調整やオートフォーカス、人物検出といった機能が利用できます。

 また、背面には3型(46万画素)のモニターを液晶搭載。10種類のフィルター効果を含む画像編集機能を搭載と、かなりデジカメ感が増していますね。

 なぜ今、1:1のチェキなのか。今日においてスクエア写真といえば、真っ先に挙がるのがInstagramでしょう。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!