このページの本文へ

イマドキの写真は1:1が基本!? スクエア写真が撮れるチェキ登場! 

2017年04月19日 18時30分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
富士フイルム instax“チェキ”製品発表会
富士フイルム instax“チェキ”製品発表会

 富士フイルムは4月19日、インスタントカメラ「チェキ」の最新製品として、アスペクト比1:1のスクエアフォーマットを採用する「instax SQUARE SQ10」を発表した。5月19日発売予定で、予想実売価格は3万2000円前後。

 同時に「instax SQUARE Film」も発表。10枚入りでは予想実売価格は1350円前後だ。

本体前面最上部にフラッシュを内蔵。左右の丸いボタンはシャッターボタンで、電源スイッチはレンズの上にある
本体前面最上部にフラッシュを内蔵。左右の丸いボタンはシャッターボタンで、電源スイッチはレンズの上にある
シャッターは設定で両方を有効にしたり、片方を無効にしたりできる シャッターは設定で両方を有効にしたり、片方を無効にしたりできる
本体側面にはオートとマニュアルの切り替えスイッチがある 側面カバーを開くと充電用microUSB端子とmicroSDカードスロットがある。撮影した画像はプリントと同時にここに記録される
本体側面にはオートとマニュアルの切り替えスイッチがある側面カバーを開くと充電用microUSB端子とmicroSDカードスロットがある。撮影した画像はプリントと同時にここに記録される
反対側の側面には電池室がある。バッテリーで約160枚の撮影ができる 本体の背面側が開き、フィルムの装填が可能
反対側の側面には電池室がある。バッテリーで約160枚の撮影ができる本体の背面側が開き、フィルムの装填が可能
「instax SQUARE Film」のパッケージ 「instax SQUARE Film」のパッケージ

 instaxシリーズではじめてイメージセンサー(1/4型CMOSセンサー)を搭載。1920×1920ドットで記録可能だ。

 実質、プリント機能を内蔵したデジタルカメラとなったことで、自動露光調整やオートフォーカス、人物検出といった機能が利用できる。

 また、背面には3型(46万画素)のモニターを液晶搭載。10種類のフィルター効果を含む画像編集機能を搭載する。

本体背面。下方にダイヤル兼十字キーがあり、その周囲に機能が割り当てられたボタンが配置されている 撮影モードはスタンダードのほか、バブル撮影と二重露光が選択できる
本体背面。下方にダイヤル兼十字キーがあり、その周囲に機能が割り当てられたボタンが配置されている撮影モードはスタンダードのほか、バブル撮影と二重露光が選択できる
周囲領域を暗くする「ビネット」。ダイヤルで範囲を調整できる フィルターは「Roppongi」「Cornelius」など10種類から選択可能
周囲領域を暗くする「ビネット」。ダイヤルで範囲を調整できるフィルターは「Roppongi」「Cornelius」など10種類から選択可能
明るさは19段階で選択できる。ダイヤルを回すことで数値が変わる 明るさは19段階で選択できる。ダイヤルを回すことで数値が変わる
シャッターボタンを押すとプリントされるが、その際モニターに表示されたプレビューが上方向に移動し、まるで実際に画像が上に押し出されるアニメーションが表示される
撮影モードを駆使すれば、さまざまな写真がプリントできる 撮影モードを駆使すれば、さまざまな写真がプリントできる

スクエア写真が新たな価値を広げる

左から、同社イメージング事業部長の武冨博信氏、モデルの水原佑果さん、扶桑社 Numero TOKYO編集長の田中杏子氏
左から、同社イメージング事業部長の武冨博信氏、モデルの水原佑果さん、扶桑社 Numero TOKYO編集長の田中杏子氏

 発表会では、同社イメージング事業部長の武冨博信氏がスクエア写真の意義を説明。スクエア写真は昔から写真愛好家に高い評価を受けてきたが、最近はInstagramなどで1:1写真がスタンダードになるなど人気が再燃。画面サイズが拡大し、被写体のスペースが広がるなどの利点により「インスタント写真の新たな価値を広げる」と期待を示した。

 また、会場にはモデルの水原佑果さんと扶桑社 Numero TOKYO編集長の田中杏子氏が登壇。

自らinstax SQUARE SQ10で撮影した写真を解説する水原さん

 これまでもinstaxを使っていたという水原さんだが、新製品の進化に「鳥肌が立った」というほど感動。そして、多彩な機能を持つ本製品で写真を撮れば「才能を生かすチャンスがある」とし、「そういうのがすごくかっこいいし 革新的」と語った。

イメージキャラクターのヘレナ・クリステンセン氏 イメージキャラクターのヘレナ・クリステンセン氏

 このほか、ワールドワイドのイメージキャラクターとして、世界的モデルでフォトグラファーのヘレナ・クリステンセン氏が就任したことも発表。

 これを受けて田中氏は「ヘレナは私の時代のスーパースター」と感動していた。

スクエア用フォトフレームや自撮り用ミラーなど、関連製品も充実している

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART