このページの本文へ

アスキーチャンネル生放送「デジデジ90」アーカイブ/2017年版第4回

2017年2月21日放送

プロが教える! 「CP+」を120%楽しむ回り方【デジデジ90】

2017年02月23日 21時30分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月21日放送のデジデジ90は『CP+2017開幕直前! 新デジカメ大予想』! カメラ業界の最新動向から、2月23日~26日開催の「CP+2017」の楽しみ方まで、バッチリ紹介させていただきました。

 生放送のようす、チラっとお見せします!

 こんばーる! つばさです!

 自称おカメラ大王、週刊アスキーみやの編集チョも登場。そういえばいつものタコ焼き、被っていませんが……?

 「ガチカメラ話だから。ガチガチに力入ってるから」とのことです。

 そしてスペシャルゲストもいらっしゃいました。プロカメラマンの岡田清孝さんです!

 まずは「CP+」とはそもそも何ぞや? の話から。CP+は「カメラ & フォト イメージングショー」の略。古くは「カメラショー」という名前で、宮野編集長が生まれた頃からある展示イベントなのです。とにかく、カメラ/写真好きが集まるイベントってことだけ分かっていればOK!

 さっそく「今年のカメラ業界はこうなる! アスキー的予想だよ~ん」のコーナーへ。宮野編集長が注目するポイントはこの3つ!

 3つのポイントをふまえて、CP+会場で最新カメラをチェックしよう! ということでお次は「宮野編集チョ考案! 今年のCP+はこうまわるよ~ん」のコーナー。

 会場のパシフィコ横浜は広い! あらかじめ回るルートを確認しておき、「あっ、あのブースを見逃した!」なんてことがないようにしたいですね。

 「ここから入って~、まずはオリンパス!」

 オリンパスの「OM-D E-M1 MK2」は品薄が続くほどの人気機種。スタジオの実機は、実はカメラマン岡田さんに愛機なんです(反射を防ぐためにロゴが黒く隠されていますね)

 「次は富士フイルム!」

 富士フイルムの「GFX 50S」は、ボディーのみで約80万円と高級な中判ミラーレス一眼。5140万画素CMOSセンサーはさすがにデカい! 宮野編集長の顔と比べると……いや、わかりづらくなるのでやめましょう。

 そしてニコン→カシオ→ソニー→キヤノンと大型ブースを巡ったら……宮野イチオシのパナソニックブースへGO! つばさが手に持っているのは「LUMIX GH5」。

 編集長、LUMIX GH5のスゴさ解説フリップを用意しちゃうほどの惚れ込みようです。

 このほか、「カメラマン岡田さんが注目 玄人は掘り出し物を探せ!」コーナーも。CP+を120%楽しむプロの解説、ぜひ「ASCII倶楽部」にログインしてご覧ください!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!