このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第24回

今の4KテレビがPC用ディスプレーとしても最強のワケ

2017年01月09日 12時00分更新

文● ジサトラ カクッチ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どーも~カクッチです。先日、衝動的にシャープ『LC-50U30』という50インチ&4K&HDR対応テレビを買うハメになり、おまけに我が家のマシンは4Kゲーミングも可能なGTX1080 SLI自作機。そこで映像出力を試してみました。

 そこいらのHDMIケーブル(おそらくHDCP1.4対応)でガスッと接続してみるとメインのゲーミング用WQHD液晶とのデュアルモニターになる関係で、アイコンの大きさバラバラのスケーリング異常もありましたが、Windows10側の設定でそこは回避。2160p(4K)の60Hz接続はデキている感じですが、ノイズのラインが走る走る。表示はできますがゴミが出ている状態に。今プレイ中の『タイタンフォール2』もキレイに4K表示はできました。

このとおり、表示は乱れても4Kは4K。これはケーブルの問題とにらみ……
 

 おそらくゴミ問題はケーブルで変わると思うので高品質ケーブルを注文しておきました……というのが週アス電子版ジサトララボのお話。買ってきましたよハイスピードケーブルを。

ULT-unite『超高級 HDMI 4K ケーブル 5m』をAmazonでポチり。5mで2499円。4K対応謳ってますし、HDCP2.0対応で安いのでまぁ大丈夫だろうと。快適です

 これでつなぎなおしてみたら、あらもうなにも問題ないと。スケーリング問題もまるで最初からなかったのごとく。ハイスピードと4Kを謳っていればまず大丈夫そうです。液晶テレビは諸元でHDCP2.2を確認。とうぜんGTX1080はHDCP2.2対応。ノイズの問題とは関係ないですが後でするNetflix実験にはHDCP2.2対応機器間の接続がマストです。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラ カクッチ
シャープの液晶TV『LC-50U30』を昨年末に買い、動画ストリーミングを楽しみすぎて寝正月になったジサトラのボス。4K液晶という観点ではテレビのほうが1歩先を行っていると言わざるを得ない。けっこう安いしね。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!