このページの本文へ

Gmailを完璧に使い倒す(秘)テクニック第52回

新しいGmailの「スヌーズ」機能でメール対応を効率化する

2018年06月11日 10時00分更新

文● 島徹 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Gmailをメインの登録先や連絡手段として使っているユーザーは多いかと思いますが、ちょっと設定を加えるだけでさらに便利になります。ライターの島徹さんが日常生活でも役立つGmailのTipsをご紹介。

スマホ版Gmailでもスヌーズ機能が使えるように

 新しいGmailでは、指定したメールをいちど隠して、一定期間経った後に受信トレイに再通知させる「スヌーズ」に対応しました。iPhoneやAndroidなどのスマホ向けGmailアプリも、先日のアップデートでこのスヌーズ機能に対応しました。

新しいGmailでは、受信メールを指定した日時に再通知するスヌーズに対応。メールの上にカーソルを置いて、時計型のアイコンから設定できる

 スヌーズ機能の用途ですが、一般的にはビジネス利用などでメールを積極的に整理しているユーザー向けの機能でしょうか。具体的には、受信トレイには対応が必要なメールだけを残す、対応が終わったメールや対応する必要がないメールはすべてアーカイブに入れるといった使い方です。

 ただし、ここで問題になるのが対応が数日後といったメールの取り扱いです。もちろん、受信トレイに置いたままでも良いのですが、対応が必要な日付にもういちど通知を受けたほうが確実に対応できます。

 そこで、後日対応が必要なメールについてはスヌーズを設定しておき、対応が必要な日時に再度スヌーズの通知とともに確認できるようにしておきましょう。

iPhone、Android向けアプリ版Gmailもスヌーズに対応。スマホの着信通知にもスヌーズの通知が届くので忘れず対応しやすい

 PC版の新しいGmailでは、メールの上にカーソルを置いて時計の形のアイコンを選ぶと、スヌーズを設定できます。

 iPhoneやAndroid向けのGmailアプリでは、メールを表示したあと右上の「…」メニューからスヌーズを設定できます。

スマホ向けアプリの場合は、スヌーズ設定はメール本文の画面から右上の「…」アイコンをタップして「スヌーズ」を選択する。今のところ、受信トレイのメール一覧からは設定できない

 もし、スヌーズ中のメールの確認や管理をしたい場合は、画面左側にある受信トレイのリストに「スヌーズ中」があるので、ここから確認しましょう。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン