このページの本文へ

Gmailを完璧に使い倒す(秘)テクニック第49回

新しいGmailの基本的な操作方法の違いは?

2018年05月21日 10時00分更新

文● 島徹 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Gmailをメインの登録先や連絡手段として使っているユーザーは多いかと思いますが、ちょっと設定を加えるだけでさらに便利になります。ライターの島徹さんが日常生活でも役立つGmailのTipsをご紹介。

新しいPC向けGmailに搭載された
スヌーズ機能の使い方

 前回の記事では、PC向けにリリースされた新しいGmailの概要についてご説明しました。今回は新しいGmailのごく基本的な操作と変更点、新しく搭載されたスヌーズ機能についてご紹介します。

 まだ新しいGmailに切り替えていないという方は、Gmailの画面右上にある歯車アイコンをクリックして「新しいGmailをお試しください」を選択すると切り替え可能です。

新しいGmailで若干変わった、基本的な操作を確認していこう

 まずは、画面左側のGmailのアイコン周りの機能から見ていきましょう。

 画面左上の三本線のアイコンをクリックすると、画面左側のメニューがコンパクト表示になります。新しいGmailでは画面右側にカレンダーなどのアドオンを表示できるぶん、受信トレイの表示面積が狭くなりがちです。メールの表示面積が狭いなと感じたら、メニューのコンパクト表示を利用するといいでしょう。

 コンパクト表示にしても、アイコンの上にマウスカーソルを合わせるとと元のラベルリストが表示されます。いちいち画面左上の三本線のアイコンをクリックして展開する必要はありません。

画面左上の三本線のアイコンをクリックすると、画面右のメニューをコンパクト化できる。マウスカーソルを上に載せると展開できる

 新しいGmailでは、Gmailのアイコンを押しても連絡先やToDo一覧に移動することができなくなりました。

 連絡先は画面右上の格子状の「Googleアプリ」アイコンをクリックし、メニューの下部にある「連絡先」アイコンから呼び出す必要があります。連絡先をよく利用するなら、Googleアプリ内の下の方にある連絡先アイコンを上の方にドラッグして移動すると良いでしょう。

 ToDoは画面右側のメニューに表示できます。

新しいGmailでは、画面左側のGmailの文字列をクリックしても連絡先に移動できなくなった。Googleアプリ一覧から移動する必要がある

 メールの受信トレイで各メールにカーソルを合わせると、右側に「アーカイブ」「削除」「未読にする」「スヌーズ」のアイコンが表示されるようになりました。以前と違い、ワンクリックでメールを管理しやすくなっています。

 新機能「スヌーズ」は、指定した日時までメールをアーカイブ内に入れておき、指定した日時になると受信トレイに再表示する機能です。受信トレイのメールを積極的に管理し、タスク管理を兼ねて活用しているユーザーにとっては便利な機能でしょう。

メールの上にカーソルを置くと、右に管理用の各アイコンが表示される。スヌーズもこのアイコンから設定可能だ

 また、受信トレイで各メールの添付ファイルをクリックすると、画像やエクセル、ワードなど各ファイルのプレビューを表示できるようになりました。プレビュー画面からそのままファイルのダウンロードやGoogleドライブへの追加、印刷などの操作も行えます。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン