このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

1TBじゃ足りないよ!とお嘆きの貴兄に朗報

PS4 Proを1万2500円前後で2TBのSeagate製SSHDに換装したら超快適に!

2017年12月19日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PlayStation4/PlayStation4 Proは、公式の「セーフティーガイド」に自己責任で行なう換装方法が記載されている。少しリスクを伴うが、やり方は難しくなくメリットも大きいので挑戦してみる価値アリだ

 PlayStation4(PS4)が日本で発売されてからもうすぐ4年。その後、登場したPlayStation4 Pro(PS4 Pro)は、ストレージの接続インターフェースが3Gbpsから6GBpsへと向上し、ゲームの起動速度はやや速くなったが、ストレージの容量はPS4と変わらず1TB。最近のゲームの容量は数10GBクラスがざら。アップデートで10GB以上とかも当たり前で、ダウンロード版を購入している人だけでなく、パッケージ版で購入している人も、ストレージが圧迫されることが多い。また、SHAREボタンを使うことで、簡単に動画を録画できるので、動画を保存し続けていると容量不足に陥りやすい。

 それならばストレージを換装しよう、という話になるのだが、容量は増やしたいが速度も向上させたい! と両方求める場合はSSHDがオススメだ。SSHDは、SSDなどで使用されるNAND型フラッシュメモリーをキャッシュとし、保存されたファイルへのアクセス頻度を高めることで、高速化を実現するストレージだ。

 PS4公式サイトのサポートによると、PS4の内蔵HDDには厚さ9.5mm以下、容量160GB以上、サイズ2.5インチのHDDを推奨としている。2.5インチサイズで高速性を求めるならHDDよりも高速なSSDと考える人も多いが、容量を1TBより多い2TBにしたいと考えた場合、SSDは6万円台以上とまだまだ高価だ。

 そこでオススメしたいのがSeagateのSSHD「FireCuda」シリーズだ。FireCudaは2TBのモデルで実売価格1万2500円前後と、同じ2.5インチサイズのHDDとほぼ変わらない価格で購入でき、さらにSSDほどではないが速度も向上する。

 たとえば、Seagateでは自己学習型ソフトウェア・アルゴリズム「Adaptiv Memory技術」により、データの使用を動的に監視し、どのデータをキャッシュへコピーすべきかを判断。効果的に処理速度が速くなるよう調整している。また、キャッシュへのアクセス頻度を高めることで、HDDの寿命を伸ばすとともに、消費電力の低減も期待できるという。コストパフォーマンスを考えると、非常に魅力的だ。

 では、実際にPS4 ProのHDDを2TBのFireCuda(ST2000LX001)へ換装してどの程度効果があるのが検証してみた。

Seagateの「FireCuda」シリーズ。2.5インチサイズの2TBモデルで、厚さはわずか7mmと薄い

前へ 1 2 3 4 5 次へ