このページの本文へ

PS4をSSHDに換装してゲームごとに速度をチェック! ― 第7回

PS4にFireCuda換装をしたら「BORDER BREAK」のロード時間はどうなるのかチェック

2018年09月28日 13時00分更新

文● 飯島範久 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Seagate製SSHDであるFireCudaの2TBモデル「ST2000LX001」を使用し、ゲームを変えて定期的に標準のHDDとの速度の違いをチェック!

 PlayStation 4(PS4)とPlayStation 4 Pro(PS4 Pro)の内蔵HDDの容量は最大で1TB。1TBと聞くと、十分だと思う人もいるかと思うが、PS4の場合たとえパッケージを買ってもソフトのインストールは行なわれるため、どんどん内蔵ストレージの容量は削られていく。

 さらに、アップデートによりデータが肥大化したり、ゲームのプレイ動画を録画、スクリーンショットを保存していと、すぐに容量不足に陥ることになる。

 そこで、オススメしたいのがHDDよりも高速なSeagateのSSHD「FireCuda」だ。FireCuda「ST2000LX001」は容量2TB。PS4最大の倍容量となり、実売価格1万5000円前後とコスパも良く、サイズがPS4&PS4 Pro用のHDDと同じく2.5インチなため、換装に最適な製品となっている。

 SSHDは、SSDなどで使用されている高速MLC NANDフラッシュメモリーをキャッシュとして使用することで、使用頻度の高いファイルをキャッシュに保存。キャッシュにアクセスする頻度が高まれば、そのぶん読み込み速度が速くなるわけだ。

 またSeagateは、自己学習型ソフトウェア・アルゴリズム「Adaptive Memory技術」により、データの使用を動的に監視。どのデータをキャッシュにコピーするべきかを判断し、効果的に処理速度が速くなるよう調整しているという。

 そのため、ゲームごとに効果的なシーンが異なり、ゲームによっては効果が薄い場合もある。そこで、本連載記事ではPS4 ProとPS4を使用し、ゲームを変えて標準のHDDとの速度の違いを、定期的にチェックしていく。

 PS4 Proは、ストレージの接続インターフェースであるSerial ATA(SATA)が、PS4の3Gbpsから6Gbpsに向上している。そのため、搭載された標準HDDは同じものだが速度に違いが出る。そのため、PS4 ProとPS4どちらも計測し、その結果を掲載していきたい。

「ST2000LX001」は2.5インチサイズの2TBモデルで、厚さはわずか7mmと薄い

 PS4 ProとPS4の換装方法の詳細は、関連記事を参照して欲しい。

「BORDER BREAK」はPS4、PS4Proともロード時間はほぼ変わらず

 第7回の検証は、セガのハイスピードロボットチームバトル「BORDER BREAK」で行なった。アーケードゲームとして愛されたこのゲームは、チームバトルやブラストと呼ばれるロボット、武器のカスタマイズ、戦略性の高いマップなどはそのままに、キャラクターを刷新したストーリーモードを追加。世界観をより楽しむ要素を充実させ、PS4版として登場した。

 基本プレイ無料なので、初心者でも入りやすく、ビギナーマッチやカジュアルマッチも用意されているので、気軽に楽しめるはず。とりあえずストーリーモードで物語を把握しつつ、戦い方を身に着け、ブラストを自分好みにカスタマイズしていくのがいいだろう。

 さまざまな特典が付属する「スターターパック」や「スペシャルパック」も有償版として用意されているが、本編を進めていって有償アイテムを手に入れたいと思ったら別途購入も可能なので、初心者は無料版から始めることをオススメする。

 さて、今回もロード時間を検証してみた。計測したときのバージョンは1.01を使用し、ファイルサイズは6.05GBとそれほど大きくはない。今回計測したのは、ゲーム起動からオープニングムービーが表示されるまでと、ストーリーモードの「第1話 傭兵として」を選択し、ブリーフィングが終わってゲームのロードが開始してからステージのムービーが始まるまでの2つ。

 なお、計測はストップウォッチを用いた手動で、3回計測しての平均タイムを使用。HDDやSSHDはキャッシュを利用するため、1,2度起動からゲーム開始まで実行し、ロード時間が安定した状態から計測している。

検証には「BORDER BREAK」バージョン1.01を使用。画面は起動後のメイン画面
ストーリーモードでステージを選択して出撃すると、ブリーフィングでキャラクターが会話するシーンがあり、その後ゲームのロードしステージの全景ムービーが始まる

 結果は、これまで多少なりとも効果が現れていたが、今回はじめてほぼ違いが見られなかった。PS4 Proで1秒程度の差が見られるが、これは手動計測なため誤差の範囲内と思われる。ゲームで読み込むためのファイルサイズが小さいためか、通常のHDDのキャッシュでも事足りてしまったのではないだろうか。

 オンライン対戦や機体をカスタマイズして進めていけば、また違う結果が得られたかもしれないが、ステージ自体のロード時間は短めなので、差が出ても数秒程度だろう。

 今回は、差が生まれなかったが、HDDとSSDのいいとこ取りであるSSHDの特性でもあるので、こういう結果になるゲームもあることを頭の片隅に入れておいてほしい。

 なお、よく使うファイルをキャッシュに保存するSSHDの特徴から、何度かプレイしないと効果が現れないこともあるのでご注意を。今後も定期的に人気ゲームの効果を検証していきたい。

●関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事