このページの本文へ

PS4をSSHDに換装してゲームごとに速度をチェック! ― 第6回

FireCuda換装で「Fate/EXTELLA LINK」のロード時間がPS4&PS4 Pro両方でわずかに改善

2018年08月27日 13時00分更新

文● 飯島範久 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Seagate製SSHDであるFireCudaの2TBモデル「ST2000LX001」を使用し、ゲームを変えて定期的に標準のHDDとの速度の違いをチェック!

 PlayStation 4(PS4)とPlayStation 4 Pro(PS4 Pro)の内蔵HDDの容量は最大で1TB。1TBと聞くと、十分だと思う人もいるかと思うが、PS4の場合たとえパッケージを買ってもソフトのインストールは行なわれるため、どんどん内蔵ストレージの容量は削られていく。

 さらに、アップデートによりデータが肥大化したり、ゲームのプレイ動画を録画、スクリーンショットを保存していと、すぐに容量不足に陥ることになる。

 そこで、オススメしたいのがHDDよりも高速なSeagateのSSHD「FireCuda」だ。FireCuda「ST2000LX001」は容量2TB。PS4最大の倍容量となり、実売価格1万5000円前後とコスパも良く、サイズがPS4&PS4 Pro用のHDDと同じく2.5インチなため、換装に最適な製品となっている。

 SSHDは、SSDなどで使用されている高速MLC NANDフラッシュメモリーをキャッシュとして使用することで、使用頻度の高いファイルをキャッシュに保存。キャッシュにアクセスする頻度が高まれば、そのぶん読み込み速度が速くなるわけだ。

 またSeagateは、自己学習型ソフトウェア・アルゴリズム「Adaptive Memory技術」により、データの使用を動的に監視。どのデータをキャッシュにコピーするべきかを判断し、効果的に処理速度が速くなるよう調整しているという。

 そのため、ゲームごとに効果的なシーンが異なり、ゲームによっては効果が薄い場合もある。そこで、本連載記事ではPS4 ProとPS4を使用し、ゲームを変えて標準のHDDとの速度の違いを、定期的にチェックしていく。

 PS4 Proは、ストレージの接続インターフェースであるSerial ATA(SATA)が、PS4の3Gbpsから6Gbpsに向上している。そのため、搭載された標準HDDは同じものだが速度に違いが出る。そのため、PS4 ProとPS4どちらも計測し、その結果を掲載していきたい。

「ST2000LX001」は2.5インチサイズの2TBモデルで、厚さはわずか7mmと薄い

 PS4 ProとPS4の換装方法の詳細は、関連記事を参照して欲しい。

「Fate/EXTELLA LINK」で実測、ロード時間がわずかに改善

「Fate/EXTELLA LINK」のロード時間をわずかに改善。トータルで考えれば価値あり

 第6回目の検証は、Fate/EXTRAシリーズの最新作「Fate/EXTELLA LINK」だ。従来のシリーズはダンジョンRPGだったが、「Fate/EXTELLA LINK」はいわゆる“無双系”のアクションゲーム。強攻撃と弱攻撃の組み合わせでさまざまなコンボ攻撃が可能、無数の敵を蹴散らしていく爽快感のあるゲーム展開が売り。「Fate」シリーズのサーヴァントが作品の枠を超えて参戦し、お気に入りのサーヴァントを操作して戦える。そして今回はマルチプレイにも対応し、オンライン対戦が可能となっている。

 敵をなぎ倒していく爽快感に酔いしれて、ついついステージを進めていきたい衝動に駆られるが、今回もロード時間を検証してみた。計測したときのバージョンは1.05を使用。ファイルサイズは7.79GBとそれほど大きくはない。ゲーム起動からプレイするまで、メニューをたどっていくが、今回計測したのは、起動時間と戦闘ステージを選択してゲームが始まるまでの2つ。プレイしたステージは初期の02だ。

 なお、計測はストップウォッチを用いた手動で、3回計測しての平均タイムを使用。HDDやSSHDはキャッシュを利用するため、1,2度起動からゲーム開始まで実行し、ロード時間が安定した状態から計測している。

「Fate/EXTELLA LINK」バージョン1.05を使用。起動からムービーがスタートするまでの「起動時間」を計測
メインタイトル画面からゲームをロードしたあと、ステージを選択
ブリーフィングルームから「出撃」を選択し、ゲームのレベルを選択してから、戦闘開始直前の画面が表示されるまでの時間を「ゲーム開始時間」とした
PS4で計測した結果
PS4 Proで計測した結果

 「Fate/EXTELLA LINK」はゲームのファイルサイズが小さいためか、もともとロード時間は短めで、結果としては数秒程度の差しか生まれなかった。しかしながら、PS4もPS4 Proも似たような傾向で改善している。このゲームは細かいロードが多く発生するので、少しでも時間が短縮するのであれば、トータルで考えるとかなり改善されるだろう。無双系の爽快感をそぐわないよう、FireCudaに換装する価値はありそうだ。

 なお、よく使うファイルをキャッシュに保存するSSHDの特徴から、何度かプレイしないと効果が現れないこともあるので注意。今後も定期的に人気ゲームの効果を検証していくので乞うご期待。

カテゴリートップへ

この特集の記事