このページの本文へ

Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会

文部科学省、AIやロボット普及に向け人材育成を推進

2017年11月22日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
文部科学省

 文部科学省は今後の科学・産業に関わる人材の育成として、有識者会議を設けて検討を進めていくと発表した。

 11月17日の林芳正文部科学大臣記者会見において述べられたもので、今後の社会を担う人材の育成を重視し、懇親会などの取り組みにより、AIやロボットの進歩にともなう人材育成を進めるとした。

 具体的には、「Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会」と「新たな時代を豊かに生きる力の育成に関する省内タスクフォース」と呼ばれる会議を設け、教育現場が抱える課題を克服し、政府が掲げる人づくり革命を実現するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談