このページの本文へ

将来的には教材作成ガイドラインの一部公開も

NEC、日立、富士通、セキュリティー技術者教育で連携

2017年12月18日 19時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NEC、日立製作所、富士通の3社は12月14日、「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を発足させ、活動を開始した。実践的なスキル・ノウハウを持つセキュリティー技術者の育成を目的とし、サイバー攻撃に対する防御などを訓練するための演習基盤システム「サイバーレンジ」を含む教育プログラムの確立を視野に入れたもの。

 技術者の能力向上と、人材不足の改善を目指した取り組み。人材モデルの定義や人材育成シラバスの作成、サイバーレンジと連携インターフェースの共通化、演習の運用方法策定などを予定している。

 また、日本のIT・セキュリティーベンダーにおける人材育成活動との連携も目指すという。将来的には教材作成ガイドラインの一部公開など、政府機関や企業が推進するセキュリティー技術者の育成にも還元し、日本におけるセキュリティー人材不足の解決に貢献するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談