このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第354回

セブン、ファミマ、ローソン、ミニストップのポテトチップスを食べ比べた

コンビニPBのポテチはカルビー製 ミニストップのみ湖池屋

2017年10月13日 17時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
コンビニプライベートブランドのポテトチップスを食べ比べてみました。

 ごきげんよう、はらぺこ記者のナベコです。今回食べるのはポテトチップス! コンビニPV(プライベートブランド)のポテトチップスは値段がお手ごろで、味も各社はずさずにおいしいので安心して食べられますよね。

 コンビニのポテトチップスでいちばんおいしいのはどれでしょうか? 記者が食べ比べて勝手に王者を決めちゃいます。

食べる人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワイン。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。食事は焼肉と焼き魚と新鮮な刺身が好き。

■コンビニ4社のポテトチップス 塩味を食べ比べ

しお味を集めてきました。

 ポテトチップスにも味のバリエーションがありますが、いちばんシンプルでかつ幅広い年代から等しく好まれているのは“しお味”。今回、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ4社のポテトチップス塩味を集めてきました。製造元やカロリーなどもチェックしつつ、味の違いを確かめてみます。

〇セブン-イレブン

「厚切りポテト 石垣の塩味」

「厚切りポテト 石垣の塩味」
・価格:213円
・内容量:147g
・カロリー:1袋821.7kcal(100gあたり559kcal)
・製造元:カルビー

ギザギザ系ポテトチップスです。
厚切り。

 製品の説明を見ると、石垣の塩を100%使用しているということ。「自然由来のうま味にごだわった、シンプルで後を引く上質な味わい」とうたっています。

 食べてみたところ、ザクザクした食感で食べ応えがありました。塩味は適度で、食べ終わった後にいもの甘みが感じられます。全体としては、食感、しお味、いもの味わいがバランスがとても良いという感想。食感がしっかりあるのでビールのつまみにもちょうど良さそうです。

<ナベコの5点満点チェック>
・ギザギザ系
・食感    4
・しょっぱさ 3
・いもの甘味 3



〇ファミリーマート

「ポテトチップス2種のうすしお味」

「ポテトチップス2種のうすしお味」
・価格:108円
・内容量:70g
・カロリー:1袋390kcal(100gあたり557.1kcal)
・製造元:カルビー

フラット系です。
スタンダードなポテトチップス、という感じ。

 製品の説明を見ると、国産じゃがいもを100%使用し、フランス産岩塩と瀬戸内海塩の口どけの異なる2種類の塩で仕上げている、とあります。「旨みと塩味の絶妙なバランスが楽しめるうすしお味のポテトチップス」とのこと。

 食べてみると、しお味がしっかりきいていておいしさが後をひき、サクサクと食べ進められます。多くの人が思い浮かべるスタンダードなポテトチップスに近いのではないでしょうか。好みがわかれずに、幅広い年代から好かれると思います。

<ナベコの5点満点チェック>
フラット系
食感    2
しょっぱさ 4
いもの甘味 4



〇ローソン

「厚切りザクッとポテトうすしお味」

「厚切りザクッとポテトうすしお味」
・価格:108円
・内容量:65g
・カロリー:1袋364kcal(100gあたり560kcal)
・製造元:カルビー

ギザギザ系。
セブン-イレブンよりも食感しっかり。

 製品の説明を見ると「ザクっとした食感とシャープですっきりとしたうすしお味」を書かれています。

 食べてみると、食感がかなりしっかり。「ザクザク」というより「カリッ」としました。セブン-イレブンと同じギザギザ系ですが、こちらのほうが食感は強いです。しお味は控えめで食事感覚でも食べられそうです。ポテトチップスは食感が命という人には、今回食べた中でいちばんオススメ。

<ナベコの5点満点チェック>
・ギザギザ系
・食感    5
・しょっぱさ 2
・いみの甘味 3



〇ミニストップ

「ポテトチップスうすしお味ポテトチップスうすしお味」

「ポテトチップスうすしお味」
・価格108円
・内容量:70g
・カロリー:1袋398kcal(100gあたり568.5kcal)
・製造元:湖池屋

フラット系。
ファミリーマートより、少し赤色がかかっています。

 他3社の製造元がカルビーでしたが、ミニストップのみ湖池屋でした。製品の説明を見ると、国内産のじゃがいもを100%使用しているとのこと。「じゃがいものおいしさが引き立つうすしお味」ということ。

 食べてみると、しお味が口の中で広がった後、いもの自然な甘さが他と比べてダントツに感じられてびっくりしました。製造元のメーカーが他と違うからでしょうか。明らかに、いも自体の味の出方が違います。素朴だけど、素材の味がいちばん際立っているように感じました。

<ナベコの5点満点チェック>
フラット系
食感    3
しょっぱさ 3
いもの甘味 5

ミニストップのポテトチップスがオススメ!!

湖池屋さんのポテトチップスに感銘!

 食べ比べてみて、私がいちばん気に入ったのはミニストップのポテトチップス!

 他3社がカルビー製造でミニストップだけ湖池屋製造なのですが、じっくり食べ比べてみると味の違がわかります。もちろんカルビーのポテトチップスがダメというわけではなく、今回食べた中ではしお味や旨みがくっきりしていておいしさがわかりやすいのがカルビー。いもの素材の味がして、素朴だけど味わい深いのが湖池屋、というふうに感じました。いもの味がこんなにするんだ、という点に感銘を受けたのでミニストップのポテトチップスを推させていただきます。

 みなさんも自分はどのポテトチップスが好みか食べ比べてみてはどうでしょう? なお、カロリーはいずれも100gあたり550~560kcalというところで大差はありませんでしたよ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!