このページの本文へ

グルメをとことん食べ比べ! 等身大で挑みます第7回

レモンサワーをひたすら飲んでみた

缶チューハイ13種を飲み比べた!氷結、-196℃、タカラ…味が全然違う!!

2017年07月07日 20時45分更新

文● ナベコ 撮影●高橋 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
13種の缶チューハイを飲む!

 暑い夏にはビールもいいけどキンキンに冷えたレモンサワーもさっぱりして進みますよね。2016年ごろからレモンサワーはちょっとしたブームで、飲食店では凍らしたレモンを丸ごと入れるなどこだわり系のレモンサワーも増えています。缶チューハイのレモン味も好調だそうですよ。

レモンサワーがちょっとしたブームです。

 ところでレモンサワーはチューハイの中でも一番の定番だから品数がかなり多いですよね。どれを買おうか迷ってしまうことも。ですが、同じレモンサワーでそんなに味が変わるものでしょうか?

 そこで、酒好き記者ナベコは味の違いを確かめるべく、コンビニやスーパーで売られているレモンサワーを集めて飲み比べてみました。製品の並びはアルコール度数が強い順、同アルコールの場合カロリーが高い順。カロリーが同じだったら果汁の割合が多い順。(深い意味はなし)

レモンサワーを集めてみた!

 最近は缶チューハイをグラスに注いで飲む人が増えてきたので、味もグラスに入れて飲んだ時においしいと感じる設計になってきているようです。なので飲み比べでもグラスに移してみました。

氷を入れたグラスに注いで飲む人が増えているらしい。記者はいつもは基本缶で飲んでしまっていたけので、これからグラス派になろうかなぁ。

アルコール9%クラス

■「アサヒもぎたてまるごと搾りレモン」(アサヒビール)

●原材料:ウオッカ、レモン果汁、オリーブ果実エキスなど
●アルコール:9% ●カロリー(350ml):192.5kcal
●果汁:3% ●価格(350ml):コンビニで約150円

★飲んでみた!
方向性 甘い系
果汁感 中
酒の味 強

 適度な果汁感と甘さ。後味が残らないのでサラリと飲める。


■「-196℃ ストロングゼロ ダブルレモン」(サントリー)

●原材料:レモン果汁、ウォッカなど
●アルコール:9% ●カロリー(350ml):189kcal
●果汁:3% ●価格(350ml):コンビニで約150円

★飲んでみた!
方向性 コク深い系
果汁感 強
酒の味 強

 甘い中にもレモンの渋みを感じて、濃厚なコクがある。


■「キリンチューハイ ビターズ 皮ごと搾りレモン」(キリンビール)

●原材料:ウォッカ、リキュール(レモンピール・ハーブ・スパイス)レモン果汁など
●アルコール:9% ●カロリー(350ml):189kcal
●果汁:1% ●価格(350ml):スーパー購入で約130円

★飲んでみた!
方向性 ほろ苦い系
果汁感 強
酒の味 中

 ほろ苦さとツンとする酸味。ひのきのようなスパイシーな香りもある。


■「-196℃ ストロングゼロ ビターレモン」

●原材料:レモンピール、レモン、ウォッカなど
●アルコール:9% ●カロリー(350ml):185.5kcal
●果汁:‐ ●価格(350ml):コンビニ購入で約150円

★飲んでみた!
方向性 ほろ苦い系
果汁感 中
酒の味 強

 かなり苦めで、甘みの要素をあまり感じないほど。どっしりと力強い。


■「キリン 氷結ストロング シチリア産レモン」(キリンビール)

●原材料:レモン果汁・ウォッカなど
●アルコール:9% ●カロリー(350ml):157.5kcal
●果汁:2.7% ●価格(350ml):コンビニで約150円

★飲んでみた!
方向性 さっぱり系
果汁感 中
酒の味 強

 酸味が爽やかでキレがあり。さっぱりしていて比較的軽めに飲める。


高アルコールなのでいずれもガツンと

「飲みごたえたっぷり。すぐ酔えそう」

 アルコール9%のレモンサワーはいずれもガツンと飲みごたえがありました。印象に残ったのはビター系。「キリンチューハイ ビターズ 皮ごと搾りレモン」「-196℃ ストロングゼロ ビターレモン」はレモンの皮の渋みを感じる。甘いお酒は好きじゃないという人でも気に入りそう。

 「-196℃ ストロングゼロ ダブルレモン」は同じストロングゼロでもビターレモンと異なり、レモンのコクと甘味があります。「アサヒもぎたてまるごと搾りレモン」は甘さが適度で万人受けしそう。「キリン 氷結ストロング シチリア産レモン」はレモンの爽やかな酸味で一番さっぱりと飲めました。

アルコール6~8%クラス

■「タカラcanチューハイ レモン」(宝酒造)

●原材料:焼酎、レモンなど
●アルコール:8% ●カロリー(350ml):199.5kcal
●果汁:3.3% ●価格(350ml):コンビニ購入で約220円

★飲んでみた!
方向性 苦い系
果汁感 弱
酒の味 強

 他のレモンサワーとは一線を画すほど酒の風味が強い。


■「こくしぼりプレミアム ぜいたく檸檬」(サントリー)

●原材料:レモン、スピリッツ、焼酎、レモン蒸留酒、レモンピール浸漬酒など
●アルコール:7% ●カロリー(350ml):227.5kcal
●果汁:14% ●価格(350ml):スーパー購入で約180円

★飲んでみた!
方向性 コク深い系
果汁感 強
酒の味 弱

 果汁の風味が濃厚。甘味も強く、お酒の味があまり感じられないほど。


■「キリン 本搾りチューハイ レモン」(キリンビール)

●原材料:レモン、ウオッカ、レモンリキュールなど
●アルコール:6% ●カロリー(350ml):133kcal
●果汁:12% ●価格(350ml):スーパー購入で約130円

★飲んでみた!
方向性 コク深い系
果汁感 中
酒の味 中

 コクがあってまったりした味わい。レモンの皮の渋みも少し感じます。


タカラcanチューハイは独特だった

「他と全然違う!」

 13種を飲んだうえで「タカラcanチューハイ レモン」は独特でした。レモンの爽快さよりもお酒の味わいが強烈です。自分でつくった焼酎サワーにレモンを少し搾った感覚近いです。好きな人は他のチューハイでは満足できなそう。

こくしぼりと本搾り

「どう違うのか……」

 ネーミングが似た雰囲気の「こくしぼりプレミアム ぜいたく檸檬」「キリン 本搾りチューハイ レモン」はいずれも濃厚でコク深い果汁感がポイント。甘めなのがこくしぼりで、やや苦めなのが本搾りでした。

アルコール4~5%クラス

■「キレートレモンサワー」(サッポロビール)

●原材料:レモン、レモン果皮エキスなど
●アルコール:5% ●カロリー(350ml):192.5kcal
●果汁:13% ●価格(350ml):スーパー購入で約140円

★飲んでみた!
方向性 酸っぱい系
果汁感 強
酒の味 中

 酸っぱさが飛びぬけてる。クエン酸で元気になれそう。


■「キリン 氷結 シチリア産レモン」(キリンビール)

●原材料:レモン果汁、ウォッカなど
●アルコール:5% ●カロリー(350ml):157.5kcal
●果汁:2.7% ●価格(350ml):コンビニ購入で約150円

★飲んでみた!
方向性 さっぱり系
果汁感 中
酒の味 強

 レモンの爽快感とさっぱりクリアな味わい。ストロングと同じ味。


■「キリン 旅する氷結 マンマレモンチーノ」(キリンビール)

●原材料:レモン果汁、ウォッカなど
●アルコール:4% ●カロリー(350ml):126kcal
●果汁:2.7% ●価格(350ml):スーパー購入で約130円

★飲んでみた!
方向性 さっぱり系
果汁感 中
酒の味 強

 さっぱりした味わいの中にも、はちみつのようなほのかな甘みがある。


■「カロリ。 地中海レモン」(サントリー)

●原材料:レモン果汁、ウオッカなど
●アルコール:4% ●カロリー(350ml):94.5kcal
●果汁:3.3% ●価格(350ml):スーパー購入で約130円

★飲んでみた!
方向性 さっぱり系
果汁感 弱
酒の味 弱

 さっぱりした味わいで飲みやすい。1缶100kcal下回るのがすごい。


爽やかな酸味で飲みやすいものが多い

「ちなみに、一部を除いて色はあまり変わらなかったです」

 定番の「キリン 氷結 シチリア産レモン」はレモン爽やかさとシャープなキレがあってとても飲みやすいです。おなじくシリーズの「キリン 旅する氷結 マンマレモンチーノ」は、ベースは氷結でさっぱりしているのですが、はちみつのようなわずかな甘みがあって、上品。

 「キレートレモンサワー」はすべての中でも飛びぬけて酸っぱいので、酸味ある飲み物が好きな人向け。「カロリ。 地中海レモン」はさっぱり飲みやすいですし、ずば抜けて低カロリーなのでダイエットを意識している人はよいでしょう。

アルコール3%クラス

■「すっきりほろよい レモン」(サントリー)

●原材料:レモン、スピリッツ、レモン浸漬酒など
●アルコール:3% ●カロリー(350ml):150.5kcal
●果汁:1% ●価格(350ml):コンビニ購入で約150円

★飲んでみた!
方向性 甘い系
果汁感 中
酒の味 弱

 華やかな香りと蜜の味わい。だけど甘ったるくなく。


お酒を感じずグビグビ飲める

「低アルコールはたくさん飲める~」(グビグビ、ゴクゴク)

 低アルコールの「すっきりほろよい レモン」は、甘くて果汁感があるけれどジュースのように甘ったるくないのが絶妙。飲みやすいので大量に飲めてしまうのがかえってこわいと思いました。

13種、味の方向性がそれぞれ違った!

 レモンサワーはどれも同じようなものかと思っていましたが、甘い系、コク深い系、さっぱり系、ほろ苦い系など、味の方向性からしてそれぞれ違うのですね。まったく同じ味、という製品はありませんでした。

ガチで飲み比べたためすっかり酔ってしまいました。後半からしゃっくりが止まらない事態に。

 確かに、レモンといっても、実の部分は甘酸っぱいし皮の部分は苦いので、作り方によっていろいろな味の出方があるのは当然ですよね。搾汁するか、粉砕するのか、アルコールに漬け込むのか、またお酒の種類や配合によっても全然味が変わります。

 どういうシチュエーションで飲みたいか、どういう食事に合わせたいか、などをレモンサワーの個性に合わせて考えてみるのもよいのではないでしょうか。お酒好きな私としては、1缶目はさっぱり系、2缶目はほろ苦い系、3缶目はコク深い系、からの4缶目にさっぱり系とえんえんにループしたいです。もちろん9%高アルコールで。以上!


ナベコ

おいしいものをひたすら食べる人。お酒も好き。グルメ連載やっています→「寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 人気記事「酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」など。 Facebookやってます!

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧