このページの本文へ

グルメをとことん食べ比べ! 等身大で挑みます第26回

汗をかきながら食べたい

コンビニで買える激辛スープ3選

2018年04月03日 20時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
辛い系のスープを集めてみた。

 ごきげんよう、今日ものんべろべろりん、アスキーの飲食情報担当のナベコです。4月になりメキメキ気温が上がってきました。暖かくなってくると辛い食べ物が恋しくなりませんか? 春こそ汗をかきながら辛いものを流しむのが気持ちいい!

 そこで、今の時期に食べたいコンビニで買える「辛い」系のスープを3つ集めてみました。はるさめスープも含みます。

辛いスープ3選

辛さレベル・ふつう(★★☆☆☆)

「スープはるさめ 四川麻婆味」(コンビニ限定)

・購入店舗:ファミリーマート
・購入価格:162円
・メーカー:エースコック
・内容量:30g
・カロリー:1食89kcal
・特徴:花椒、唐辛子、白黒胡椒の辛味がきいた四川麻婆ふうスープ。はるさめはぷりっと食感の平めんタイプ。

四川風のおいしい(辛くない)スープはるさめ

 花椒の香りが鼻を刺激して本格的な四川料理を思わせます。スープが辛いかというと、味噌の甘味やうま味が効いているため、そこまででも。激辛を期待すると拍子抜けするかもしれないけれど、ちょっとピリ辛なコクのあるスープはるさめとしておいしく食べられます。

 はるさめが平麺で弾力があり、食べごたえたっぷり。この中でいちばん、おにぎりなどと合わせなくても単体で満足感を得られそうでした。

辛さレベル・上級(★★★★☆)

「燃えよ唐辛子スープ トマトかき玉」

・購入店舗:セブン-イレブン
・購入価格:178円
・メーカー:アサヒグループ食品
・内容量:25.7g
・カロリー:1食101kcal
・特徴:トマトとかき玉のはるさめスープ。あとのせ唐辛子フライでサクサク食感が楽しめる。

あとから辛さが増してきて衝撃

 ベースがトマト味なので、トマトの酸味がきいて酸辣湯のよう。ちょっと独特です。玉子がまろやかで、最初は辛くないのですが、唐辛子フライを口に入れると後から辛さがじんわりと効いてきます。油断していただけにびっくり! しかも、食べているうちに唐辛子フライの味が全体に染みだして、徐々に辛さのレベルが上がってくるという。

 はるさめは細いタイプなのでスープをたっぷり吸います。最終的には汗をかいてヒーヒー状態に!

辛さレベル・上級(★★★★☆)

「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 豆腐スープ」

・購入店舗:セブン-イレブン
・購入価格:183円
・メーカー:日清食品
・内容量:18g
・カロリー:1食75kcal
・特徴:唐辛子のきいた辛うまなスープ。なめらか食感の豆腐入り。はるさめは入っていません。

中本らしい味噌のうまさと容赦のない激辛

 味噌のうま味といっしょに、後がけオイルの辛さがストレートに舌や喉に届いてきます。さすが激辛ラーメン店として有名な「蒙古タンメン中本」監修製品。おいしいのにしっかりと辛いです。たまに、辛いオイルを一気に吸ってしまってむせてそうになることも。

 辛い中にも豆腐のまろやかな味わいがあったり、ネギの食感を感じられたり、はるさめがなくても味わいにアクセントがあるのが救い。

 辛うまなのですが、辛さのほうが強くて食べていくうちに舌に刺激が重なってきます。食べ終わるころにはお腹までぽっかぽか。汗をかきたいときにオススメです。

辛いスープに鶏五目がのおにぎりが合う!!

 みなさんは、コンビニのスープやスープはるさめに何味のおにぎりを合わせますか? 辛いスープに合うのは何味でしょう? 私が真っ先に思い浮かんべたのは白米感覚で食べられる「塩おにぎり」だったのですが、こんな組み合わせもあるようです。

 エースコックのによると「四川麻婆」に合うおにぎりは「鶏五目」。「(製品の)辛味とうま味がはっきりとしているため、甘味とうま味の強い鶏五目によく合う」とのこと。(参照:エースコック リリース

辛いスープ×鶏五目おにぎり。

 実際に鶏五目のおにぎりを合わせてみたところ、スープの辛さで舌や喉が刺激でヒリついているところ、おにぎりの甘味が救いになりました。鶏五目は味が濃いので、スープの味に負けないのもポイント。

試してみたところ、スープの辛さと、おにぎりの甘さが絶妙でおいしかった!

 味のバランスがよかったですし、辛いスープを食べる時のお守りになります。これは発見でした! 個人的に、鶏五目のおにぎりを最近あまり食べていなかったのですが、久しぶりに食べるとあらためて醤油系のおいしさに感激しました。鶏五目は間違いないですね。みなさんも、 辛い系のスープに鶏五目のおにぎりを試してみてはどうでしょうか。

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧