このページの本文へ

全日本ギャルゲー研究所 第10回

理想のヒロインを錬成してイチャつこう【18禁ギャルゲー】

2016年09月17日 19時00分更新

文● 全ギ研所長ミナミダ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさんごきげんよう、週末ごとに趣味のサイクリングに出かけては雨に降られ、シズル感あふれるビジュアルでの帰宅が続いている全ギ研所長の南田です。まだ暑いからいいようなものの、肌寒い季節に雨に降られると見た目が悪いアイスキャンディーになる可能性大。念のため用意してあった自転車用雨具をチェックしてみたところ、見事にカビが生えていました。もう死にたいです。

 さて今回は、イリュージョンの「ハニーセレクト」をご紹介いたします。イリュージョンといえば3Dギャルゲーの雄。同社の「Sexyビーチ プレミアムリゾート」はオープンワールド上にいる、自分でカスタマイズしたヒロインも含む女性たちの好感度を上げてあんなことやこんなことをする(+イルカや暴漢にボコボコにされる)ゲームでしたが、本作はヒロインのキャラメイク機能を強化し、生成したヒロインとのイチャラブに重点が置かれています。

ある意味、究極の自給自足系作品とも言えるのではないでしょうか

 進化したキャラメイクシステムは「Sexyビーチ プレミアムリゾート」の衣装やアクセサリーがすべて収録されており、作成したキャラのコンバートも可能。サムネイル画像にキャラデータを埋め込むというイリュージョンの技術力が光ります。

こちらのヒロインはデフォルトで用意されているキャラですが、当然自作可能です

 キャラメイクのカスタマイズ項目も増大。肌のシワやソバカスの有無など、もはや人体でいじれる部分はないのではないかというレベルで細かくカスタマイズできます。さらにキャラの性格もツンデレやヤンデレ、生真面目から引っ込み思案まで網羅、性癖もカスタマイズできる至れり尽くせりぶり。

 ビジュアルや体型もツルペタからバインバインまで自由自在。耳を伸ばせば褐色ソバカスツルペタダークエルフの出来上がりです。あんな作品やこんな作品の著名キャラクターも、気合いと情熱さえあればおそらく作成できるはず。筆者は仕事ぶりはワリとアバウトですが、アダルト方面への努力は惜しまないタイプ。休日にじっくりと時間をかけて理想のヒロインを作成しました。

 さらにアップローダー経由で他のユーザーが作成したキャラを追加する楽しみもあります。忘れていましたが、プレイヤーの分身となる男性もゴリゴリにカスタマイズ可能。イケメンを作るもよし、姫騎士を叩きのめしそうなオークを作るもよしです。

生真面目な委員長タイプをつくってみました。バインバインなのは好みです!

 さて、キャラメイクの後はお楽しみのヒロインとのムフフシーンです。ヒロインはプレイヤーの行動によって状態が変化するので、スパンキングなどゴツいことばかり強要しているとヒロインが壊れてしまいます。しかし、ヒロインを壊さないとゲーム内の実績が解除されないタフな設計ですので、ひたすら甘イチャして好感度を戻す必要があります。

 好感度が上がってくるとヒロインからお誘いがくるようになりますが、筆者のプレイスタイルではヒロインが全員淫乱になってしまうのは何かのワナでしょうか。学生時代に夢想したような生真面目メガネの委員長タイプも作ってみましたが、いきなり押し倒されたときは驚愕しました。肉食系とは完全に予想外です。

生真面目かと思いきや、いきなり押し倒されたことに動揺を隠せない筆者。これもご褒美の一環といったところでしょうか

 ゲームを進めて実績を解除するとナビゲーターのシトリーちゃんともお近づきになれる楽しみもあります。さらに3DゲームということでVR HMD「Oculus Rift」でムフフシーンが楽しめる「ハニーセレクトVR」も撮影用スタジオアプリとともに用意。本作で未来永劫好みのヒロインを錬成し続けられるという万能感があれば、現実の女性に冷たくされても生きていけます。ええ、生きていけますとも……。

ゲームを進めると、ナビゲーターのシトリーちゃんともあんなことやこんなことができるように

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社