このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

全日本ギャルゲー研究所 第9回

紳士淑女の集い「アダルトVRエキスポ2016」に突撃

2016年08月30日 19時00分更新

文● 全ギ研所長ミナミダ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アダルト関係の最先端VR技術が集う「アダルトVRエキスポ2016」。秋葉原で開催された前回はあまりの満員御礼ぶりに入場規制がかかったほどですが、“アダルト”という単語を見ると条件反射で早起きができる全ギ研の南田は、8月27日に都内某所で開催された第2回もガッツリ取材させて頂きましたよ!

 7月1日からVR映像撮影および制作サービスを手がけるフューチャーリープは、3D酔いが少ない実写アダルトVRコンテンツを展示。HBOX.JP-VR(18禁リンク)のコンテンツを視聴できました。以前は視野角の狭さが気になったコンテンツもありましたが、視界前方はほぼカバーされているので没入感もバッチリです。

左は2000~5000円で入手できる「Diosn 3D VRメガネ」。高解像感を求めるなら「Gear VR」がオススメといったところでしょうか

 VRコントローラーとして骨格入りのオ○ホールを展示したのはSSI JAPAN。グラマラス、スリム体型、ぽっちゃり体型が用意され、予想実売価格は2万5000円前後で11月発売予定。シリコン製の本体はかなりずっしりしていますが、骨格パーツでボディーが支えられており安定感があります。筆者はぽっちゃりタイプが欲しいですね!

にこやかに触れていますが、抱きかかえようとするとずっしりとした重量に真顔になります

 オ○ホに装着するアクセサリー「ONASIS」は、ステレオプラグを挿し込み、伝わる音を高品位な振動に変換するデバイス。シンプルですが、これはすばらしいアイデアではないでしょうか! 価格は4000~5000円程度を予定しているそうです。

視聴中のコンテンツの音声に合わせて振動するため、盛り上がる場面では振動も盛り上がるというアイデアが光ります

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社