このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第79回

iOSの高機能ファイラー「GoodReader 4」を徹底解説

2016年05月05日 09時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PDF閲覧アプリの「GoodReader 4」は本連載でも何度か取り上げた。現在は、PDF閲覧・編集アプリも多数登場しており、高機能なのに無料ということも多い。そんな中、「GoodReader 4」は600円という値付けなのに、今でも人気。その理由はファイラー機能だ。そこで今回は「GoodReader 4」のファイラー機能の使い方に絞って紹介する。

PDF閲覧・編集アプリと言うより、ファイラーとして活用したい「GoodReader 4」

iOS最強レベルのファイラーを使いこなす

 本連載の第1回でも取り上げた「GoodReader」は、PDFビューワーとして登場したが、画像やOfficeファイル、HTMLから、画像や動画まで表示できるようになり、神アプリに認定。2014年には最新版「GoodReader 4」を紹介している(「第45回 Googleドライブに対応! 新しくなったPDFビューワー「GoodReader 4」を徹底解説」参照)。

 さらに2年経ち、バージョンは同じく4のままだが、いろいろと更新はされている。例えば、最新のバージョン4.12.0ではiPad Proに対応した。PDF閲覧・編集機能には大きな違いはない。しかも、PDF閲覧・編集ソフトは徐々に増えており、使える無料アプリも登場している。しかし、今でも600円という値付けのままで売れているのは、ファイラー機能が人気だからだ。

 ファイラーとはファイル管理アプリのことで、Windowsで言うなら「エクスプローラ」のこと。iOSの場合、ユーザーがファイルを管理しないような仕組みになっているので、標準のファイラーは存在しない。とは言え、メールで送られてきたファイルを編集して送り返したり、飛行機の中などネットが使えないところで資料を作成するなど、自分でファイルを管理したいこともある。そんな時に活躍するのが「GoodReader 4」。アプリ内にファイルを保存することができ、管理することができるのだ。

 クラウドやメール、サーバー、ほかのアプリなどからファイルを取り込み、閲覧・編集するほか、ファイル名の変更、コピー、移動、別アプリで起動などが可能。一番のウリはzipファイルの圧縮と解凍ができるところだ。まずは、ファイルの取り込み方法から紹介していく。

「GoodReader 4」を起動したところ。新バージョンのポイントなどを紹介するPDFが表示される

クラウドサービスからファイルをダウンロードする

 「Connect」ボタンをクリックすると、各種クラウドやメール、FTPサーバーなどを登録し、ファイルをダウンロードすることができる。まずは「Add」をタップし、一覧からサービスを選ぼう。有名クラウドサービスでは、OneDriveやDropbox、Google Drive、box.comなどをサポートしている。サービスを選んだら、登録名を付けて、自分のアカウントでサインインして連携を許可すればいい。これで、「Known Servers」に登録されるので、次回からはワンタップでファイルにアクセスできるようになる。

「Connect」の「Add」から利用するサービスを選ぶ。ここでは、OneDriveを選んだ名前を付ける。ここでは普通にサービス名を入力しておく
OneDriveのファイルにアクセスできたフォルダーやファイルをタップすると、下に「Sunc/Share/Download」メニューが開く
「Download」を選ぶと、アプリ内の領域のどこに保存するか選べる。新たにフォルダーを作成することも可能だ「Download file here」をタップすると、ダウンロードが始まる。大きいファイルの場合は、Wi-Fi環境で作業しよう
ファイルをダウンロードできたOfficeファイル(PowerPoint)ファイルも普通に閲覧できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART