このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第151回

Bluetoothの限界と将来にイヤフォンの未来はある?

尻にスマホはダメ、完全ケーブルレスイヤフォン「EARIN」開発者語る

2016年03月13日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EARINの開発を手掛けたペア・ゼンストローム氏

 「EARIN」を開発したスウェーデンのEpickal ABの創業者の一人、ペア・ゼンストローム(Per Sennström)氏が来日し、3月9日にプレス向けのプレゼンテーションが行なわれた。その際に短時間ながら単独取材の許可を得たので、実際の製品で気になっていた点を聞いてみた。

 EARINは左右ユニット間のケーブルをなくした、完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォンで、開発にあたってはKickstarterで資金調達を行ない、目標額の5倍を超える97万2594ポンド(約1億5700万円)を集めたことでも話題になった。

 昨年末から日本国内でも市販が始まり、価格は3万2140円と決して安くはない。にも関わらず、価格.comの「ヘッドホン・イヤホン人気売れ筋ランキング」で、現在(集計期間は2016/03/04 ~ 2016/03/10)2位につけている。国内代理店のモダニティ・岡村 健治氏によれば「かなりのバックオーダーを抱えている状態」であるという。

EARIN

 人気の理由は、モバイル用イヤフォンの未来像を端的に形にしながら、十分実用に耐えるデザインが与えられていることだろう。

 まず驚くべきは、まずバッテリーやレシーバーなどの基板を収めながら、片側3.5g、直径14.5mm、長さ20mmというサイズにまとまっている点。これは通常のハイブリッド型イヤフォンと同程度のサイズだ。

 そして小型化によるバッテリー容量の制約を回避するデザインもそうだ。EARINにはバッテリー内蔵の収納カプセルが同梱され、非着用時にイヤフォンを収納しておけば、カプセル内蔵のバッテリーから充電し続ける。そのため、ユーザーはバッテリー切れを意識しなくて済む。

 しかし、技術的に避けられない課題も残る。通常のBluetoothイヤフォンでは、左右を接続するケーブルがアンテナの役割を果たしているが、小さなハウジングにアンテナを収めなければならないEARINは、この点でまず再生機器との接続にハンデを負っている。

 さらに一対一でしかデバイスとの接続ができないBluetoothを使いながら、左右のイヤフォンへ信号を分配しているために、左右ユニット間の接続にも問題を抱えている。

 この日のプレゼンテーションでも、筐体の小型化とアンテナの受信感度については、かなりの試行錯誤があったことが明かされたが、実際の製品で気になった点も、まさにそこだった。

プレゼンテーションで語られた課題。バッテリーの構造もやはり課題のひとつだったようだ

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART