このページの本文へ

特殊な冶金技術により開発された「シルバー/ゴールド導体」を採用

世界最高レベルの導電率と超低歪率をうたうFitEarのIEM用リケーブル

2016年09月09日 18時33分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2.5mm/4極バランスプラグモデル(左)、3.5mm/3極プラグモデル

 アユートは9月9日、「Crystal Cable(クリスタルケーブル)」とのコラボ製品、リケーブル「Astell&Kern Portable Cable-Crystal Cable Next(アステルアンドケルン ポータブルケーブル クリスタルケーブルネクスト)」を発表した。ラインアップはFitEar用IEMコネクター搭載、2.5mm/4極バランスプラグモデルと、3.5mm/3極プラグモデル。発売日は9月10日で、価格は各10万7978円。

 導体は特殊な冶金技術により開発された「シルバー/ゴールド導体」を採用。高い導電率である純銀の結晶間にできた隙間を、接触抵抗の低い金を分子レベルで補完するという。単結晶銅とハイブリッドで使用する事で、高純度伝送によりイヤホンのポテンシャルを引き出すという。

 FitEarのIEM(インイヤーモニター)製品に対応するリケーブル用イヤフォンケーブルなので、FitEar用IEMコネクターを搭載している。また、L/RのY字分岐位置の調整が可能なケーブルスライダーも備わっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン