このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第66回

招待なしで使えるようになった「Inbox by Gmail」を徹底解説

2015年07月22日 13時10分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2014年10月にリリースされたが、招待制でユーザーが限定されていた「Inbox by Gmail」(以下Inbox)だが、現在は誰でも自由に利用できるようになっている。今回は、新UIのGmail対応メールアプリ「Inbox」の使い方を紹介しよう。

招待制だった「Inbox」が誰でも使えるようになった!

新UIだがGmailとは同期されている

 GoogleはGmailアプリとは別に、「Inbox」というメールアプリも公開している。当初は招待制だったり、日本語で検索できなかったりと敷居が高かったのだが、5月末に誰でも利用できるようになった。大きな特徴は「リマインダー」と「スヌーズ」、「カテゴリー」の3機能となるが、まずは普通の使い方をチェックしてみよう。

 画面を下にスライドすると、一覧の更新というのは同じ。メールを右にスライドさせると「完了」となる。「Inbox」と「Gmail」は同期しており、完了させたメールはGmailではアーカイブされる。同様に、「ゴミ箱」に移動したメールはGmailでも削除されるし、「迷惑メール」に移動するとGmailでは迷惑メールの報告が行なわれる。右下の+ボタンをタップするとメールの作成が可能。その際、よく使う連絡先や動作が表示されるのが便利だ。

 「Inbox」にはなく、「Gmail」でのみ変更できる設定も反映されることがある。例えば、不在通知や転送設定をしたフィルター、別アドレスでの送信、メールのインポートなど。これらの設定を変更する場合は、Gmailから操作しよう。

 メールはタイトルと送信者、本文の先頭などが表示されているが、時々別の追加情報が表示されることもある。これは重要な情報をメールを開かずに確認できるようにする「ハイライト」機能によるもの。複数サイトのリンクが記載されていたり、写真が添付されているとサムネイルが表示されるのだ。フライト情報が記載されているメールなら、その旅行予定なども表示される。

「Inbox」の起動画面一覧表示では「ハイライト」機能により、リンク先や写真のプレビューなどを確認できる
メールを右にスライドすると「完了」となり、受信トレイに表示されなくなるメールを左にスライドすると「リマインダー」を利用できる
再通知するタイミングを選択できる「+」ボタンをタップするとよく使う連絡先と「リマインダー」「inboxに招待」といった項目も表示される。「作成」をタップすると、空欄のメール作成画面が開く
一覧でメールを長押ししたり、アイコンをタップすると複数メールを選択できるようになる右上の虫眼鏡アイコンから検索できるメールのほか、連絡先も検索できる。もちろん、日本語にも対応している
Inbox by Gmail - あなたに役立つ新しいメールアプリ App
価格無料 作者Google, Inc.
バージョン1.3.4 ファイル容量66.8 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降

次ページでは、「メールの処理を先送りできる「スヌーズ」機能

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン