このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第64回

今更登場!? 「Googleカレンダー」のiPhone公式アプリを徹底解説

2015年05月14日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年3月にGoogleカレンダーの公式アプリが登場した。それから数回のアップデートを重ね、ブラッシュアップされている。Googleカレンダーはもちろん、ExchangeやiCloudのカレンダーにも対応。今回は、「Googleカレンダー」の使い方を紹介する。

Googleカレンダーアプリが登場。まだ機能は少ないが、スムーズな操作感はいい感じ

デザインは秀逸で複数アカウントに対応

 カレンダーのウェブサービスとしては、定番&老舗の「Googleカレンダー」だが、長らくiOS向けの公式アプリは公開されていなかった。しかし今年3月、やっとiPhone版の公式アプリが公開された。Android版と同様、マテリアルデザインを採用し、快適に操作できるのが特徴。Googleアカウントはもちろん、iCloudやExchangeなどのカレンダーを含め、複数アカウントにも対応している。公式アプリだけあり、Gmailからの予定追加機能や見やすいGoogleマップ、Google+との連携機能なども搭載する。

Googleカレンダー App
価格無料 作者Google, Inc.
バージョン1.0.3 ファイル容量40.4 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(2)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降
初回起動時には、カレンダーなどへのアクセス許可を求められるので「OK」をタップする利用するアカウントを選択する。アカウントが表示されている場合はオンにすればいい。ほかのアカウントを利用する場合は「別のアカウントを追加」をタップする
チュートリアルが表示されるGoogleカレンダーの内容が同期されて表示される。画面は「スケジュール」モード

次ページでは、「サクサク動くが機能はやや少ない

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART