このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

「標準版」想定総額は7万6800円以上、「大アタリ」は15万4000円以上!

これがアップル福袋「Lucky Bag」だ - 15年アタリはMacBook Air、iPad Air 2 / mini 3

2015年01月02日 19時00分更新

文● 倉田吉昭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年1月2日午前8時、全国8ヵ所のアップル直営店「Apple Store」で、毎年恒例となった「Lucky Bag」販売が実施された。前日レポートのとおり、Apple Store,Ginza(銀座)は例年と異なる厳しい態勢の中での開催となったが、再三にわたり警察の指導を受けつつも、懸念された大きな混乱などもなく、なんとか無事発売にこぎつけた。

 それでは早速、「Lucky Bag」購入者の列に実際に27時間以上並んで取材した、初売り&Lucky Bag購入レポートをお届けしよう。

意外にも「Lucky Bag」が余ってしまった
Apple Store,Ginza(銀座)

 「凄絶!! アップルストア銀座「Lucky Bag」2015年前日レポート」でもお伝えしたが、Apple Store,Ginza(銀座)ではイスの利用などが禁止された状態だったため、終電間際になっても予定数量に達するかギリギリの状況だった。一応予定数量には達したようなのだが、そこから行列を止めずに引き続き並ばせ、開店前になってからアームバンドを持っている方とそれ以外を分けさせるような状況だった。

 しかも、いざ販売が始まってLucky Bagの中身が伝わると、購入せずにキャンセルする客が多数発生したようで、キャンセル待ちが発生。筆者の友人はアームバンドをもらってもあえて並ばず、列の最後尾に回って購入したのだが、それでもまだ50個前後が残っていたようだ。ふらっと立ち寄ってLucky Bagを買えた人は本当に「ラッキー」だったといえるだろう。

1月2日6時半に整理券が配られた。これとリストバンドの両方がないと購入できない
今回はコーヒーとミニ焼き菓子が提供された。寒さに打ち震える身にはありがたい措置です

 いよいよ次ページから、筆者が入手したLucky Bagの中身を公開だ!

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中