このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

業界最安値の超オススメ!

価格破壊! 「楽天モバイル」で格安スマホ「ZenFone 5」を手に入れろ!

2014年11月14日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ASUSの格安SIMフリースマホ「ZenFone 5」が、「楽天モバイル」でリーズナブルに手に入る!

格安なLTE対応SIMフリースマホ「ZenFone 5」が登場

 ASUSの5型スマホ「ZenFone 5」が注目を集めている。人気の理由はLTE対応のSIMロックフリー(以下、SIMフリー)端末でありながら、価格が2万円台と非常にお手頃だからだ。しかも、安いからといって性能がイマイチというわけでもない。クアッドコアCPUと2GBのメモリーを搭載しているため普段使いには十分な性能を備えており、「価格は安いがスペックや性能は……?」という製品とは一線を画している。

 さらには、標準収録のホームアプリやカメラアプリの使い勝手も良好。リーズナブルでこなれた“使える”端末として、初心者から上級者までオススメの機種なのだ。

 ASUSの直販サイトでは16GBモデルが2万6800円(税別)、32GBモデルが2万9800円(税別)で販売されている。かなり魅力的な値段設定ではあるが、実はさらに安く購入する方法があるのをご存知だろうか?

 それは、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが展開する格安MVNOサービス「楽天モバイル」を利用する方法だ。音声通話付き格安SIMサービス(通話SIM)のセット販売を行なっており、リーズナブルに手に入る上、毎月の料金も驚くほど抑えられる。

楽天モバイルの申込と同時に「ZenFone 5」を安く購入できる

 楽天モバイルでの「ZenFone 5」販売価格は2万6400円(税別)だ。さらに11月19日までのサービス開始キャンペーンが実施中で、端末購入者に楽天スーパーポイントが1500ポイントプレゼントされる。このポイントは、楽天市場で1ポイント=1円として利用できるので、実質的には1500円引きと同じ。つまり実質2万4900円(税別)で購入できることになる。

 楽天モバイル版「ZenFone 5」は通常モデルとは異なり、通話SIMを利用するための初期設定が行なわれている。SIMカードを端末に挿しAPN設定を行なうだけで、すぐに利用可能だ。また通信料や通話時間を確認できる専用アプリが収録されているほか、10円/30秒(税別)の格安通話アプリ「楽天でんわ」もインストール済み。日本語入力に「ATOK」が標準搭載されているのもうれしい。ハードウェア的にはストレージ容量が8GBと標準モデルの半分となっているが、microSDカード(最大容量64GB)を使えば、容量不足で困ることもない。

データ通信量を確認したりや容量追加パック(後述)を購入できる専用アプリ「楽天モバイルSIMアプリ」半額の通話料(10円/30秒、税別)で携帯電話や固定電話へ電話をかけられる「楽天でんわ」

 楽天モバイル版「ZenFone 5」は通常版よりも安く買える上に、使い勝手はまったく同じだ。しかも先に挙げたように、楽天モバイルならではの月額料金で、毎月の通信料を劇的に安く抑えることができる。その魅力をさらに詳しくチェックしていこう。

「ZenFone 5」の主なスペック
メーカー ASUS JAPAN
ディスプレー 5型IPS液晶、ゴリラガラス3、アンチフィンガープリント
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約72.8×148.2×10.34mm
重量 約145g
CPU Snapdragon 400(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 8GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.4.2
無線LAN IEEE802.11n
カメラ画素数 リア:約800万画素/イン:約200万画素
GPS ○(GLONASSサポート)
センサー 加速度センサー/電子コンパス/光センサー/近接センサー/磁気センサー
インターフェース microUSB
連続待受時間 約395時間
連続通話時間 約20.6時間

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART