このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ゲームの秋! 昼間も夜中もPCでゲーム漬け ― 第1回

いつでもどこでも“艦これ”がプレイできる環境を持ち歩こう

2013年09月30日 16時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大人気ブラウザーゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」や、描画品質やシステムが大幅に向上した国内MMORPG超メジャータイトルの「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」など、遊びたいゲームが盛りだくさんな今日この頃。

 そんな話題&注目のゲーム3本を快適かつ無駄なく遊ぶためのノウハウを全3回にわたりお送りしよう。第1回はブラウザーゲームの「艦隊これくしょん-艦これ-」だ。

いつでもどこでも
“艦これ”三昧の日々を送ろう

 登録者数が90万人を突破し、日々のアクセスユーザーも40万人規模に到達。さらにPS Vita向け「艦これ改(仮)」(2014発売予定)に、テレビアニメ化と、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いとなっている「艦隊これくしょん-艦これ-」(以下、艦これ)。ビデオカードなどの増設不要で遊べるブラウザーゲームならではの手軽さと、萌キャラクター&おもしろセリフ(史実にあった)などにハマる人が続々と増加中だ。

艦これ付録がついた月刊誌が異例の増刷になるなど、なにかと話題の事欠かない超人気ブラウザーゲームの「艦隊これくしょん-艦これ-」

 ハマると意外と大変な艦これ。せっせとレベリング(レベル50や70を目指して……)して艦娘を改造したり、レアな艦娘をもとめて特定の海域へ出撃を繰り返したり、建造(資材を求めて課金アイテムへの誘惑が……)を行なったりと、ついつい時間を忘れてプレイしてしまうことが多々ある。

なかなかドロップしなかった“島風”を建造できたときは感涙。ただ、建造にハマり資材を購入。気がつくと1万円使っていた。次は“雪風”か……

 スマホやタブレットで遊べれば、レベリングや資材調達などはかなり楽になるのだが、現時点では残念ながらAndroidやiOSなどには非対応。艦これはAdobe Flashがベースのゲームなので、サポート外の環境という注釈はつくものの、Android端末に手動でAdobe Flash Playerなどをインストールすることで、一応プレイ可能になる。

 しかしFlash Playerの負荷が大きいため、CPU処理能力が低いスマホやタブレットでは、遠征に出すのがギリギリ。艦隊の編成変更や出撃といった操作は、“快適”とはいえず、かなりもっさり、カクカクした動作になってしまう。

 そのうえ、スマホなど推奨環境でない環境からサーバーにアクセスして無理に動作させるのは、サーバーの負荷を高めるとして運営も公式には認めていない。

 それでも、スマホやタブレットで快適にプレイしたいと思う人は多いだろう。その欲求は、PCとインターネット回線があれば意外と簡単に解決できる。それが遠隔地にあるPCを外出先から操作するリモートアクセスだ。

 各種処理はすべて自宅のPCで行ないリモート操作する側には動画データをインターネット経由で送信。操作データをリモートアクセスしたPCへ戻すことで、遠隔地にあるPCを操作するというものだ。

 当然リモートアクセスするPCは、艦これが快適に動作する性能が必要だが、数世代前のPCやノートPCでも十分快適なレベルで動作する。なお、快適なプレイ環境については、全25機類の環境でベンチマークを実施した「君の艦隊勤務は快適か? 艦これでベンチマークをしてみよう!」を参考にしてもらいたい。

簡単にリモートアクセスできる
TeamViewer

 PCへAndroidやiOSからリモートアクセスできるアプリは数多く用意されているが、今回は「TeamViewer」(http://www.teamviewer.com/ja/)を紹介しよう。Android/iOS用のクライアントのみならず、操作される側のPCもWindows、Mac OS、Linuxと豊富である。さらに導入、操作が簡単で、個人利用時は無料なのがポイントだ。

個人利用時は無料で使用できるリモートアクセスアプリのTeamViewer。面倒なルーター設定なども不要で利用できる

 さっそくTeamViewerの導入と設定だが、手順は簡単で、ルーターやPCのポート開放などは一切不要になっている。主な流れは艦これを動作させるPCへTeamViewerをインストール。ウィザードに従ってリモートアクセス時に使うPC名やパスワードを設定し、TeamViewerのアカウントを作成。あとは同じように操作する側のスマホやタブレットにTeamViewerのリモートコントロールアプリを導入するだけだ。

TeamViewerを導入するPCで、ウェブページにアクセスして「今すぐダウンロード」をクリック。ダウンロードファイルを実行し、「インストール後、このコンピュータをリモート制御」と「個人/商用以外」をチェックしてインストールを開始
インストールが完了すると、「無人アクセスのセットアップ」が起動。ウィザードに従って、艦これを動作させるPC名およびパスワードを入力する。このパスワードは、リモートアクセスするときに必要なので忘れずにメモしておこう
続けてTeamViewerのアカウント用のメールアドレスとパスワードを入力すれば導入完了。メインウィンドウの「使用中のID」(9桁の数字)は、リモート接続側で入力するのでメモしておこう。なお「パスワード」に表示される文字列は、ワンタイムパスワードなので忘れてもオーケーだ

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中