このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ゲームの秋! 昼間も夜中もPCでゲーム漬け ― 第2回

新生FF XIVを快適にプレイできるコスパ重視の構成を見極める

2013年10月05日 15時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内MMORPGの超話題作「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(以下:新生FFXIV)の正式サービス開始から、早1ヵ月。サーバーの増強が進み、新規ワールドのオープンなど、そろそろプレイしようかな~と思っている人も多いことだろう。

 しかし描画エンジンが刷新され、高品質なグラフィックスでプレイを楽しめる新生FFXIVをより快適に遊ぶには、それなりにパワーのあるビデオカードが必要になってくる。第2回は、そんな新生FFXIVをより快適に遊ぶのにベストなPCパーツや描画設定などを探っていきたい。

主流GPU13種類の
スコアーをチェック

 新生FFXIVの快適プレイのキモになるビデオカードは種類豊富。日々ゲームをしている人や自作PC好きなら、型番からおおよその性能は見えてくるが、新生FFXIVを機に、新たに自作PCを組んだり、購入したりする人や、今使っているBTOマシンなどにビデオカードの増設を考えている人は、どれを選べばいいのか悩みどころだろう。

 まずは、新生FFXIVを快適に遊ぶのに、どのクラスのGPUが必要になるのか、公式ベンチマークの「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」を使って、ミドルローからウルトラハイエンドまで13GPUをチェックしてみた。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編。正式サービスで使えるキャラクター作成機能も備えている

 計測は各GPUのリファレンスクロックで実行。描画品質は、新生FFXIVで新たに描かれた高品質なキャラやマップを満喫できる“最高品質”に設定。解像度は1920×1080ドットのフルスクリーンで計測を行なっている。計測環境はCPUがIntel「Core i7-4770K」、マザーボードがIntel Z87 Express搭載のASUS「Gryphon Z87」などを搭載するLGA 1150プラットフォームになる。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-4770K」(3.5GHz/TB時3.9GHz)
マザーボード ASUS「Gryphon Z87」(Intel Z87 Express)
メモリー PC3-12800 8GB×2
SSD CFD販売「CSSD-S6T256NHG5Q」(256GB)
電源ユニット 玄人志向「KRPW-FL600W/92+」(600W/80PLUS PLATINUM)
OS Windows8 Pro(64ビット)
FF XIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編 (描画品質:最高/単位:スコアー) better→
ベンチマークスコアーの目安
7000以上 非常に快適
5000~6999 とても快適
3500~4999 快適
2500~3499 やや快適
2000~2499 普通
1500~1999 設定変更を推奨
1000~1499 設定変更が必要
999以下 動作困難

2万円台のミドルレンジ
ビデオカードがねらい目!

 1万円前後で購入できるミドルローGPUを搭載するビデオカードでも、“やや快適”の2500~3499スコアーと、GPU負荷は中量級クラスの新生FFXIV。ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編のスコアーは、GPUの性能に応じてキレイな右肩上がりになっている。

 ウルトラハイエンドな「GeForce GTX TITAN」は1万3442スコアーと頭ひとつ抜きんでているが、価格は最安価格でも11万円前後と最新PCが余裕で1台組み立てられる価格だ。

 予算に余裕があるなら、1万スコアーを余裕で超えるNVIDIAの最新ハイエンドGPUの「GeForce GTX 770」や、AMDの「Radeon HD 7970」もアリだが、ねらい目といえるのは、2万円台で“非常に快適"の7000スコアーを超えているGPUだろう。

 なかでもイチオシなのは、大手家電量販店などの実売データを元にしたBCNランキングでも複数メーカーの製品がトップ10にランクイン(8月調べ)している「GeForce GTX 660」や、2万円半ばで9260スコアーを出しているNVIDIA最新GPUの「GeForfce GTX 760」を搭載するビデオカードだ。

多数のミドルレンジGPU「GeForce GTX 660」搭載ビデオカードのなかでも最安クラスのGIGABYTE「GV-N660OC-2GD/A」。おなじみの通販サイトAmazonからも購入できるのがうれしい

 AMDの「Radeon HD 7850」などもスコアーは悪くないが、ゲーミング=NVIDIAのイメージは根強い。実際、各ビデオカードメーカーも力を入れており、Radeonと比べて、オーバークロックモデルや独自冷却ファン採用モデルなどのラインナップが豊富で、ショップ店頭にも数多くの製品が並んでいる。

PCパーツショップのビデオカードコーナーは、NVIDIA勢の在庫が充実。オーバークロックや独自の冷却ファンを採用するモデルがズラリと並んでいる

 ある程度新生FFXIVにベストなビデオカードを絞り込めたところで、続いては描画設定の違いをみていこう。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中